旗竿をどこに置くか?結構考えることがあります。キャディさんがいれば持ってくれるので考える必要はありませんが、セルフだとそれを考えながらやらなければいけませんね。

グリーン内に置くのか、グリーンの外に置くのか?もちろん外に置くのが普通です。中に置くことも場合によってはありますが(お勧めはできません)、その場合はそれぞれの人のパッティングに邪魔にならないことが前提になります。

やむ負えずグリーン上に置く際にはそっと置き、竿でグリーン面が凹むほどの倒し方はしてはいけません。

グリーンの外に置く場合は、自分に場合はなるべく低いサイドではなく、高いサイドに置いています。下りのパットの場合は特に距離感が合わない時に外まで出てしまう可能性が高くなるのでそうしています。

それで当たってしまうのは置き場所も悪いと言うことになります。ですのでそれぞれの人が打つ方向の延長線上にないのが望ましいです。カップの先に旗があるのは結構気になるものです。

旗竿はグリーンの外に、全ての人のストロークの邪魔にならないところに置くようにしましょう。

また余談ですが、一緒に回る人が対等な立場であれば、旗は基本的に一番最初にホールアウトした人が持つべきです。

ただ後ろの組を待たせていたり、前の組との間隔が空いてしまっている時などは、次のホールのオナーは早めに準備ができるようにするのが良いでしょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 超難しい練習グッズ

    2018.12.4

    超難しい練習グッズ

    先日やってみた練習グッズがどうにも難しくて練習になっているのかどうかわからないほどだったので紹介しま…

    超難しい練習グッズ
  2. バーディパットが入る人、入らない人

    2018.12.5

    バーディパットが入る人、入らない人

    色々な人とラウンドしていて感じる事なのですが、バーディチャンスをモノにできる人と、そうではない人に差…

    バーディパットが入る人、入らない人
  3. フェースの下で当てる練習

    2018.12.3

    フェースの下で当てる練習

    今日はフェースの下で当てる練習の仕方を紹介します。用意するものは割りばしと両面テープ…

    フェースの下で当てる練習
  4. カップを見ながらストロークすると

    2018.11.22

    カップを見ながらストロークすると

    私は距離感をつかむためにカップを見ながら素振りをします。このやり方をしている人は結構いるので…

    カップを見ながらストロークすると
  5. ラウンド前の練習グリーンで

    2018.12.6

    ラウンド前の練習グリーンで

    先日のホームコースでのラウンドはパット数が15-13の28パット。こんなに良いパット数はなか…

    ラウンド前の練習グリーンで
  6. パターのシャフトを重くする効果

    2018.07.12

    パターのシャフトを重くする効果

    パター用のシャフトに色々種類があるのはご存知でしょうか?ウッドやアイアンはシャフト交換という…

    パターのシャフトを重くする効果
  7. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり
  8. 身体を動かさないとできないショルダーストローク

    2018.10.23

    身体を動かさないとできないショルダーストローク

    ショルダーストロークのイメージを伝えるのは結構大変なので、いつもは練習グッズを使って体感してもらって…

    身体を動かさないとできないショルダーストローク
  9. フォワードプレスの勧め

    2018.08.21

    フォワードプレスの勧め

    フォワードプレスという言葉を聞いた事がある方は結構いると思います。自分も微妙にですがこれをしてい…

    フォワードプレスの勧め

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP