フォワードプレスという言葉を聞いた事がある方は結構いると思います。

自分も微妙にですがこれをしています。フォワードプレスの何が良いのか?説明します。

パッティングストロークでは手首の角度がキープできて、ショルダーストロークをする事が安定につながると思います。フォワードプレスはこの手首の角度をキープするため、またストロークの始動のきっかけをつかむのに有効な動きです。

こちらの動画は少しわかりやすく手の動きを大きくフォワードプレスをやってみました。

アドレスをした時にはほとんどハンドファーストになっていない場合も手元の部分をボールの進行方向に倒す事で、右手の角度ができます。下の画像がフェースの向きを変えずうまくハンドファーストが作れた状態です。

下の画像はハンドファースト時に手だけが前に行ってしまい、フェースが開いてしまった悪いハンドファーストの状態です。

正しい例の右手の手首の形(角度)をキープするように動ければしっかりとパターを支えられます。手首の力が入らない状態では、パターの重みで手首がぐらついてしまうこともあります。

そして後ろにヘッドを引くという動作のきっかけがつかめないという方にもオススメで、最初にフォワードプレスをするとスムーズにストロークができるようになります。

そんな二つのメリットがあるフォワードプレス。一度試してみてください。

  • コメント: 5

関連記事

  1. ライ角調整ができないパター

    2019.11.12

    ライ角調整ができないパター

    先日ライ角調整を依頼されたパターで頑張っても1度くらいしか曲がらないパターがありました。ラ…

    ライ角調整ができないパター
  2. インサイドに引きすぎると…

    2019.02.4

    インサイドに引きすぎると…

    パターヘッドの軌道はインサイドインが良いという話を聞いたりして、わざわざその動きを自分でしようとし…

    インサイドに引きすぎると…
  3. ボールをフェースに乗せて運ぶ その2

    2019.01.8

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その2

    理想は少しハンドファーストでアッパー軌道で当たるのが動き的には良い動きになります。そして左右…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その2
  4. パッティングでのふところ

    2018.08.17

    パッティングでのふところ

    アドレスの時にボールの距離があっていない人が結構いらっしゃいます。今回はこのボールとの距離についてお…

    パッティングでのふところ
  5. しっかり芯でヒットする

    2019.08.22

    しっかり芯でヒットする

    ここ何ラウンドかでこの「芯でヒットする」ことの重要性について感じています。直近のラウンドが…

    しっかり芯でヒットする
  6. ラウンド中に打ち方を変える

    2019.01.9

    ラウンド中に打ち方を変える

    パッティングが調子悪くて普段やらないことを急にやるのは難しいです。ですが普段から練習していてその打ち…

    ラウンド中に打ち方を変える
  7. Other Brand Putters

    2018.05.3

    Other Brand Putters

    ここではその他のブランドのカスタマイズしたパターの作品集を紹介します。カスタマイズオーダー時の参考に…

    Other Brand Putters
  8. フォローでの左肘

    2019.03.18

    フォローでの左肘

    フォローで左の肘を抜いてしまう人が結構います。肘を抜くというのは、肘が体から離れていってし…

    フォローでの左肘
  9. BORON BLACK に BLACK の色入れ

    2018.08.28

    BORON BLACK に BLACK の色入れ

    先日パターヘッドのカスタムの依頼を受けました。パターは2本。どちらもツヤ無しのボロンブラック…

    BORON BLACK に BLACK の色入れ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP