フォワードプレスという言葉を聞いた事がある方は結構いると思います。

自分も微妙にですがこれをしています。フォワードプレスの何が良いのか?説明します。

パッティングストロークでは手首の角度がキープできて、ショルダーストロークをする事が安定につながると思います。フォワードプレスはこの手首の角度をキープするため、またストロークの始動のきっかけをつかむのに有効な動きです。

こちらの動画は少しわかりやすく手の動きを大きくフォワードプレスをやってみました。

アドレスをした時にはほとんどハンドファーストになっていない場合も手元の部分をボールの進行方向に倒す事で、右手の角度ができます。下の画像がフェースの向きを変えずうまくハンドファーストが作れた状態です。

下の画像はハンドファースト時に手だけが前に行ってしまい、フェースが開いてしまった悪いハンドファーストの状態です。

正しい例の右手の手首の形(角度)をキープするように動ければしっかりとパターを支えられます。手首の力が入らない状態では、パターの重みで手首がぐらついてしまうこともあります。

そして後ろにヘッドを引くという動作のきっかけがつかめないという方にもオススメで、最初にフォワードプレスをするとスムーズにストロークができるようになります。

そんな二つのメリットがあるフォワードプレス。一度試してみてください。

  • コメント: 5

関連記事

  1. パッティングで大事なのは打ち出し方向

    2018.06.5

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

    パッティングストローク分析をしていて重要なのは綺麗に打つことではなく、打ちたい方向に真っ直ぐに打ち出…

    パッティングで大事なのは打ち出し方向
  2. パッティングで大事なこと

    2018.09.21

    パッティングで大事なこと

    パッティングだけに限らないのですが、ゴルフで大事だと思っていることがあります。これは持論でも…

    パッティングで大事なこと
  3. インパクトで大事なこと

    2018.11.13

    インパクトで大事なこと

    インパクトで思った方向に打ち出すために必要な条件は、フェース向きとクラブ軌道の条件があった時です。…

    インパクトで大事なこと
  4. インパクトでパンチが入る人、緩む人

    2018.08.27

    インパクトでパンチが入る人、緩む人

    パッティングストロークをシンプルに考えるには、インパクトで急激な加速や減速はしたくありません。…

    インパクトでパンチが入る人、緩む人
  5. パターのシャフトを選ぶ

    2019.08.15

    パターのシャフトを選ぶ

    最近はカーボンシャフトや、カーボンとスチールの複合シャフトなどスチールだけではなくなってきたパター…

    パターのシャフトを選ぶ
  6. 計測機器は使い方次第では逆効果も

    2019.09.9

    計測機器は使い方次第では逆効果も

    計測機器は使い方次第で問題を複雑にしてしまうこともあります。理想のストロークをさせるためだ…

    計測機器は使い方次第では逆効果も
  7. ソールに鉛は注意が必要

    2019.02.1

    ソールに鉛は注意が必要

    ヘッド重量をアップするのに手っ取り早いのはソール面に鉛を張ることです。ですがそれが原因です…

    ソールに鉛は注意が必要
  8. “パッティングラボ限定” TRUECoG SUS303 Special Black Version

    2018.07.20

    “パッティングラボ限定” TRUECoG SU…

    Putting Labo. では TRUECoG SUS303 のカスタムバージョンとして、ブラック…

    “パッティングラボ限定” TRUECoG SUS303 Special Black Version
  9. パンチは本当にダメなのか?

    2018.11.7

    パンチは本当にダメなのか?

    結構「パンチが入っちゃうんだよね」という人がいらっしゃいます。パンチが入ってダメなのは、ある…

    パンチは本当にダメなのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP