今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。

●島田ゴルフ
JSP70-120(Tip 9.0mm、120g、ステップ有)
JSP70-140(Tip 9.0mm、142g、ステップ有)
JSP70-160(Tip 9.0mm、162g、ステップ有)
重くなるほどスチールの肉厚が増すのでシャフト自体は硬くなる。Scotty Cameron や PING のパターのリプレースに使用できます。

●日本シャフト
NS PRO PUTTER XXIP-A2(Tip 9.4mm、136g、ステップ無)
NS PRO PUTTER XXIP-B2(Tip 9.4mm、149g、ステップ無)
ODYSSEY などのホーゼル径が太目のパターに使用できます。重いのでかなり硬めのシャフトです。ステップレスで若干サテンになっています。

NS PRO PUTTER XXIP-C2(Tip 9.0mm、136g、ステップ無)
NS PRO PUTTER XXIP-D2(Tip 9.0mm、149g、ステップ無)
Scotty Cameron や PING のパターに使用できます。重いのでかなり硬めのシャフトです。ステップレスで若干サテンになっています。

●TrueTemper
USTP-38(Tip 9.4mm、122g、ステップ無)
STP-38(Tip 9.0mm、122g、ステップ無)
ステップレスですが、バット部の太さが結構あるしっかり感のあるシャフト。

●三菱ケミカル
Diamana PT135 1.0(Tip 9.15mm、138g、カーボンステップ無)
カーボンらしさを求めるのであれば1.0がお勧め。シャフトの動きを感じます。

Diamana PT135 2.0(Tip 9.15mm、138g、カーボンステップ無)
スチールに近い硬さですが、手に伝わる振動はカーボン独特の感触。

●Fujikura
MC Putter HARD(Tip 9.25mm、128.5g、カーボンステップ無)
スチールによりも若干軟らかめに感じるシャフト。シャフトの動きは感じます。

MC Putter SOFT(Tip 9.25mm、128.5g、カーボンステップ無)
かなりシャフトの動きを感じるシャフトでしなりを感じるのでゆっくりとストロークができるという利点もあり。

こんな感じで用途や目的に合わせて色々なシャフトがあります。パターのリシャフトのご相談は info@puttinglabo.com まで。

  • コメント: 2

関連記事

  1. “パッティングラボ限定” TRUECoG SUS303 Special Black Version

    2018.07.20

    “パッティングラボ限定” TRUECoG SU…

    Putting Labo. では TRUECoG SUS303 のカスタムバージョンとして、ブラック…

    “パッティングラボ限定” TRUECoG SUS303 Special Black Version
  2. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  3. 旗竿を抜かずにプレーする

    2019.02.26

    旗竿を抜かずにプレーする

    旗をさしたままプレーするときにこんな風にしたら良さそうだという話しをちょっとします。まず、旗竿に当…

    旗竿を抜かずにプレーする
  4. 自宅でのパター練習で気をつけること

    2018.09.4

    自宅でのパター練習で気をつけること

    自宅でパター練習をしているという方は結構いらっしゃいますが、どんな練習をしているか聞いてみると、意外…

    自宅でのパター練習で気をつけること
  5. 万人向けの練習グッズはありませんが…

    2018.07.13

    万人向けの練習グッズはありませんが…

    世の中にはたくさんの練習グッズがあり、それぞれ開発者の意図する使い方があります。ですがそれをきちんと…

    万人向けの練習グッズはありませんが…
  6. Scotty Cameron のパターをお色直し

    2018.09.12

    Scotty Cameron のパターをお色直し

    今日は Rocker Sole Remake のお話しは一回お休み...。先日少し開いてグリップが入…

    Scotty Cameron のパターをお色直し
  7. ボールのラインを合わせることのメリット

    2018.08.24

    ボールのラインを合わせることのメリット

    ボールのプリントに直線部分があったりすると、そこをターゲットに向けてボールを置いたり、自分で太いライ…

    ボールのラインを合わせることのメリット
  8. ボール位置を確認する上での注意点

    2018.10.11

    ボール位置を確認する上での注意点

    自分がボールをどこに置いているかチェックするときに大事なことをお話します。ショットでのボール…

    ボール位置を確認する上での注意点
  9. 多方面からラインを見る

    2018.11.26

    多方面からラインを見る

    先日のラウンドではこれまでよりも入念にラインを読むことを心掛けました。ラインを読むことも他の…

    多方面からラインを見る

コメント

    • jun okano
    • 2018年 7月 26日

    はじめまして、いつも楽しく閲覧させていただいております。
    上記画像の上から5番目のステップのある、ブラックのシャフトについてお聞きします。
    メーカー、モデル名、購入先をお聞かせ下さい。

      • toshi
      • 2018年 7月 30日

      いつも見ていただきありがとうございます。残念ながらこの黒いシャフトはODYSSEYのパターから抜いたシャフトで一般には販売されていないものです。紛らわしい画像で申し訳ありませんでした。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP