先日はフェースバランスだからローテーションが少なくなって、L字タイプだからローテーションが多くなるのは自然に動いたからの結果であるということをお話ししました。

ちょっとわかりやすい説明を画像にまとめてみました。

まずアドレスした形を目の高さで再現してみると、こんな形になります。これがバックストロークのように横に動くと、トウ側が下の方に向かおうとします。その行きたがる度合いがそのパターの重心角によって変わってきます。

これがフェースバランスのパターであればここまで

クランクネックのANSER型であればここまで行きたがります。

この動きが下で起こっているだけで、ヘッドが動こうとする度合いや、その方向は変わりません。

クランクネックのANSER型はストロークの軌道がインサイド方向になり、それにしたがってフェースの開きも大きくなります。

一方フェースバランスのパターはフェースが開きたがる度合いが少ないため、インサイドに入る度合いが少なくなり、さらに開きも小さくなります。

ということでパターの種類(重心角)が変わったからと言ってストロークを変えなければならないと言うことではないんです。正しいストロークをしてヘッドの行きたがる方向にまかせて動けば自然に軌道もローテーションの度合いも変わると言うことになります。

くれぐれも自分の手の動きでローテーションをコントロールするのはやめましょう!

  • コメント: 5

関連記事

  1. HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    2018.06.11

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    これから何回かにわたって自分がデザインしたエースパターの HILLCREST TRUECoG につい…

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」
  2. 下半身を動かさない意識

    2018.10.17

    下半身を動かさない意識

    パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダース…

    下半身を動かさない意識
  3. ボールにラインを十字に入れる

    2018.11.16

    ボールにラインを十字に入れる

    以前も話題にしたことがあるかもしれませんが、ボールにラインを入れる話です。今回は真っ直ぐのラ…

    ボールにラインを十字に入れる
  4. 誰が言ってるんだろう?

    2019.02.12

    誰が言ってるんだろう?

    パッティングストローク分析にいらっしゃる方で、結構同じようなストロークをされる方がいます。…

    誰が言ってるんだろう?
  5. 左足(前足)の開き具合をどうするか?

    2018.08.16

    左足(前足)の開き具合をどうするか?

    これまでたくさんの人のアドレスを見てきました。今回のお話の足の置き方は人それぞれかなり違います。これ…

    左足(前足)の開き具合をどうするか?
  6. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々
  7. 軟鉄素材とステンレス素材の違い

    2018.12.11

    軟鉄素材とステンレス素材の違い

    先日久しぶりに軟鉄ヘッドに銅メッキを施した duckbill golf Rocker Sole Re…

    軟鉄素材とステンレス素材の違い
  8. パッティングは引きずらないこと

    2019.04.2

    パッティングは引きずらないこと

    パターがうまくいかない人の多くは一度のミスを次のパットに引きずってしまっています。普段通り…

    パッティングは引きずらないこと
  9. 風が強い日のパッティング

    2019.03.25

    風が強い日のパッティング

    先日のラウンドはかなり強い風が吹いていました。ショットで言うとアゲインストの時は2番手でも…

    風が強い日のパッティング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP