先日はフェースバランスだからローテーションが少なくなって、L字タイプだからローテーションが多くなるのは自然に動いたからの結果であるということをお話ししました。

ちょっとわかりやすい説明を画像にまとめてみました。

まずアドレスした形を目の高さで再現してみると、こんな形になります。これがバックストロークのように横に動くと、トウ側が下の方に向かおうとします。その行きたがる度合いがそのパターの重心角によって変わってきます。

これがフェースバランスのパターであればここまで

クランクネックのANSER型であればここまで行きたがります。

この動きが下で起こっているだけで、ヘッドが動こうとする度合いや、その方向は変わりません。

クランクネックのANSER型はストロークの軌道がインサイド方向になり、それにしたがってフェースの開きも大きくなります。

一方フェースバランスのパターはフェースが開きたがる度合いが少ないため、インサイドに入る度合いが少なくなり、さらに開きも小さくなります。

ということでパターの種類(重心角)が変わったからと言ってストロークを変えなければならないと言うことではないんです。正しいストロークをしてヘッドの行きたがる方向にまかせて動けば自然に軌道もローテーションの度合いも変わると言うことになります。

くれぐれも自分の手の動きでローテーションをコントロールするのはやめましょう!

  • コメント: 2

関連記事

  1. エースパターってどんなパター?

    2019.04.25

    エースパターってどんなパター?

    エースパターを作っている人は少なくないと思います。パターは他のクラブと違って数本持っている方が結構…

    エースパターってどんなパター?
  2. WRISTLOCK Putter のストローク(動画有)

    2021.02.2

    WRISTLOCK Putter のストローク(動画有)

    先日出来上がった WRISTLOCK のパターをストロークしている動画を撮ってみました。思…

    WRISTLOCK Putter のストローク(動画有)
  3. フォローでの左肘

    2019.03.18

    フォローでの左肘

    フォローで左の肘を抜いてしまう人が結構います。肘を抜くというのは、肘が体から離れていってし…

    フォローでの左肘
  4. ボールが左目の下にあることが絶対か?

    2018.07.11

    ボールが左目の下にあることが絶対か?

    よく左目の下にボールを置くと良いと言われていますが、これに関しては特に根拠はありません。真っ…

    ボールが左目の下にあることが絶対か?
  5. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる
  6. 凍ったグリーンのパッティング

    2020.12.23

    凍ったグリーンのパッティング

    ほとんどこんなことはないかと思いますが、これからの時期凍ったグリーンでやるときの参考にしてください…

    凍ったグリーンのパッティング
  7. 下半身を止めるために有効

    2020.06.24

    下半身を止めるために有効

    昨日お話しした下半身(特に膝の動き)を止めるイメージが作りやすい練習グッズを紹介します。今…

    下半身を止めるために有効
  8. 近くのスパットか?打っていく方向か?

    2018.08.29

    近くのスパットか?打っていく方向か?

    人によってターゲット方向のイメージの仕方は異なります。表題のように近くのスパットに対してフェ…

    近くのスパットか?打っていく方向か?
  9. EVEN さんで Rocker Sole Remake を紹介していただきました

    2020.01.24

    EVEN さんで Rocker Sole Remake を紹介していた…

    今日はちょっと告知です。発売になって少し時間がたちましたが、HILLCREST …

    EVEN さんで Rocker Sole Remake を紹介していただきました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP