ショルダーストロークを正しく理解できている人がどれだけいるでしょうか?もちろん自分もつい最近まで理解していませんでした。

ですが練習グッズを使ってその動きを体感できる物があります。今回はその究極版を紹介します。その練習グッズの名前は「TRUE PENDULLUM MOTION」というものです。

パッティングストローク分析ではいつもこれを使って体の動きのイメージを作ってもらっています。これは最高に動きが理解できます。これを使えば今までどれだけ手打ちだったのか?こんなに体を動かして良いんだ!がわかっていただけます。

この状態になると、腕は完全に体と一体化します。従って手は動かせなくなります。これが素振りのイメージです。これで反復練習ですね。

そうすると体を動かさなければストロークができないことになります。自分もそうだったのですが肩から先ばかり動いていて、上半身も下半身も動かさないのが正しいと思っていました。

ですがこれを付けてストロークしてみると如何に体を使っていなかったかがわかります。そしてこんなに腹筋と背筋を使うんだと言うことに気がつかされます。これは良い練習になります。

もちろんこうやってボールを実際に打つこともできます。最初は違和感がありますが、徐々に違和感なくできるようになります。

最近本番のグリーンでもこの動きだけを意識してやるようにしています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け

    2018.07.5

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け…

    TRUECoG シリーズには3種類のヘッド素材があってそのそれぞれが全て同じ設計になっています。ヘッ…

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け
  2. パンチは本当にダメなのか?

    2018.11.7

    パンチは本当にダメなのか?

    結構「パンチが入っちゃうんだよね」という人がいらっしゃいます。パンチが入ってダメなのは、ある…

    パンチは本当にダメなのか?
  3. ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    2018.07.3

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。1カップ左、および右の角度は先日のタンジ…

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編
  4. 自分がどう動かそうとしているかの確認

    2018.10.24

    自分がどう動かそうとしているかの確認

    パッティングストロークの分析を受けに来ていただいた方には、必ず最初に打っていただきながらどんなイメー…

    自分がどう動かそうとしているかの確認
  5. ボールにラインを十字に入れる

    2018.11.16

    ボールにラインを十字に入れる

    以前も話題にしたことがあるかもしれませんが、ボールにラインを入れる話です。今回は真っ直ぐのラ…

    ボールにラインを十字に入れる
  6. BORON BLACK に BLACK の色入れ

    2018.08.28

    BORON BLACK に BLACK の色入れ

    先日パターヘッドのカスタムの依頼を受けました。パターは2本。どちらもツヤ無しのボロンブラック…

    BORON BLACK に BLACK の色入れ
  7. 良いストロークをするには?

    2018.10.3

    良いストロークをするには?

    良いストロークをするためには色々重要なことがあります。もちろん良いストロークをすることも必要なのです…

    良いストロークをするには?
  8. 良いストロークをしようと思いすぎると…

    2018.11.2

    良いストロークをしようと思いすぎると…

    パッティングで自分の思う理想のストロークをしようと思うと、いくつも気をつけなくてはならない場合があり…

    良いストロークをしようと思いすぎると…
  9. クロウグリップのメリットは?

    2018.07.26

    クロウグリップのメリットは?

    先日の全英オープンは久しぶりに面白かったですね。タイガー・ウッズが上位にいたので、いつもなら途中で寝…

    クロウグリップのメリットは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP