ショルダーストロークを正しく理解できている人がどれだけいるでしょうか?もちろん自分もつい最近まで理解していませんでした。

ですが練習グッズを使ってその動きを体感できる物があります。今回はその究極版を紹介します。その練習グッズの名前は「TRUE PENDULLUM MOTION」というものです。

パッティングストローク分析ではいつもこれを使って体の動きのイメージを作ってもらっています。これは最高に動きが理解できます。これを使えば今までどれだけ手打ちだったのか?こんなに体を動かして良いんだ!がわかっていただけます。

この状態になると、腕は完全に体と一体化します。従って手は動かせなくなります。これが素振りのイメージです。これで反復練習ですね。

そうすると体を動かさなければストロークができないことになります。自分もそうだったのですが肩から先ばかり動いていて、上半身も下半身も動かさないのが正しいと思っていました。

ですがこれを付けてストロークしてみると如何に体を使っていなかったかがわかります。そしてこんなに腹筋と背筋を使うんだと言うことに気がつかされます。これは良い練習になります。

もちろんこうやってボールを実際に打つこともできます。最初は違和感がありますが、徐々に違和感なくできるようになります。

最近本番のグリーンでもこの動きだけを意識してやるようにしています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Customized Scotty Cameron Putters

    2018.05.3

    Customized Scotty Cameron Putters

    ここではパッティングラボでカスタマイズした Scotty Cameron のパターを紹介します。…

    Customized Scotty Cameron Putters
  2. Other Brand Putters

    2018.05.3

    Other Brand Putters

    ここではその他のブランドのカスタマイズしたパターの作品集を紹介します。カスタマイズオーダー時の参考に…

    Other Brand Putters
  3. ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    2018.07.4

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    今日はフェースの向きに注目してみました。フェースの向きにはアドレス時の向きとインパクト時の向きがあり…

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編
  4. ボールが左目の下にあることが絶対か?

    2018.07.11

    ボールが左目の下にあることが絶対か?

    よく左目の下にボールを置くと良いと言われていますが、これに関しては特に根拠はありません。真っ…

    ボールが左目の下にあることが絶対か?
  5. 万人向けの練習グッズはありませんが…

    2018.07.13

    万人向けの練習グッズはありませんが…

    世の中にはたくさんの練習グッズがあり、それぞれ開発者の意図する使い方があります。ですがそれをきちんと…

    万人向けの練習グッズはありませんが…
  6. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  7. duckbill golf Putters

    2018.05.3

    duckbill golf Putters

    ここでは duckbill golf のオリジナルパターの作品集を紹介します。duckbill go…

    duckbill golf Putters
  8. カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2

    2018.06.19

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2

    3m先のカップに入れるためには打ち出し方向が1度以内の誤差にならなければならないという話を聞いたこと…

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2
  9. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP