ショルダーストロークを正しく理解できている人がどれだけいるでしょうか?もちろん自分もつい最近まで理解していませんでした。

ですが練習グッズを使ってその動きを体感できる物があります。今回はその究極版を紹介します。その練習グッズの名前は「TRUE PENDULLUM MOTION」というものです。

パッティングストローク分析ではいつもこれを使って体の動きのイメージを作ってもらっています。これは最高に動きが理解できます。これを使えば今までどれだけ手打ちだったのか?こんなに体を動かして良いんだ!がわかっていただけます。

この状態になると、腕は完全に体と一体化します。従って手は動かせなくなります。これが素振りのイメージです。これで反復練習ですね。

そうすると体を動かさなければストロークができないことになります。自分もそうだったのですが肩から先ばかり動いていて、上半身も下半身も動かさないのが正しいと思っていました。

ですがこれを付けてストロークしてみると如何に体を使っていなかったかがわかります。そしてこんなに腹筋と背筋を使うんだと言うことに気がつかされます。これは良い練習になります。

もちろんこうやってボールを実際に打つこともできます。最初は違和感がありますが、徐々に違和感なくできるようになります。

最近本番のグリーンでもこの動きだけを意識してやるようにしています。

  • コメント: 5

関連記事

  1. セットアップ時のライ角

    2019.03.6

    セットアップ時のライ角

    何度か話題にしたことがありますが、アドレス時にライ角が適正かどうかは、フェースの向きを合わせる動き…

    セットアップ時のライ角
  2. Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話

    2018.06.6

    Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話

    以前 Scotty Cameron 氏にインタビューした時、NEWPORT のサイトラインの話を聞い…

    Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話
  3. 実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    2019.04.3

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    「軽いシャフト」に「重いヘッド」と「重いグリップ」の実験で使うシャフトが決まりました。US…

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge
  4. 意外とヘッドアップしてた

    2019.06.7

    意外とヘッドアップしてた

    最近スマホのカメラの機能が良くなっていますね。ビデオの機能もスローモーションができたりして…

    意外とヘッドアップしてた
  5. 一般的なANSER型の重心位置

    2019.02.7

    一般的なANSER型の重心位置

    少し前の Scotty Cameron NEWPORT ですがシャフトを外して重心位置を調べてみま…

    一般的なANSER型の重心位置
  6. STRAIGHT TRAX で練習

    2019.01.24

    STRAIGHT TRAX で練習

    先日購入してみたレッドベターの練習グッズの「STRAIGHT TRAX」で練習してみました。…

    STRAIGHT TRAX で練習
  7. ボールのラインを合わせることのメリット

    2018.08.24

    ボールのラインを合わせることのメリット

    ボールのプリントに直線部分があったりすると、そこをターゲットに向けてボールを置いたり、自分で太いライ…

    ボールのラインを合わせることのメリット
  8. パッティングで変えられないこと

    2019.10.30

    パッティングで変えられないこと

    パッティングで人それぞれ変えられないところが存在すると思っています。その変えられないところ…

    パッティングで変えられないこと
  9. 練習グリーンでの練習

    2019.04.23

    練習グリーンでの練習

    練習グリーンでの練習はどんな感じでしていますか?私の場合最初はグリーンのスピードを知りたい…

    練習グリーンでの練習

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP