先日の全英オープンは久しぶりに面白かったですね。タイガー・ウッズが上位にいたので、いつもなら途中で寝落ちするところが、3時の最終組のホールアウトまで見てしまいました。

全英オープンで目立ったのがクロウグリップ。このグリップ以前挑戦したことがあってそのことを思い出しました。クロウグリップは結構色々なメリットがあります。それをちょっとまとめてみました。

まずはどんな感じのストロークなのか動画でご覧ください。普通のグリップで距離感を作ってからクロウに持ち替えてストロークしています。

このグリップなかなか本番で使うのは勇気がいりましたが、印象に残ったことを書いておきます。

1. 右手を使わないのでローテーションが減る
右手を使わない(使えない)メリットは結構あります。ということは普段右手が悪さをしているということになりますね。右手をこねる動きをしたり、つかまえにいったりという動きができなくなるので、動きがスムーズになります。フェースの向きも変わりにくいので、正しく体が動きさえすればアドレスの再現がしやすくなります。

2. ボールの転がりが良くなる
これは自分だけかもしれませんが、転がりが明らかに良くなりました。普段ハンドファーストが強くインパクトしているので、転がりが悪くなる場合もあるのですが、このストロークだとアドレスの再現以上にハンドファーストにならないので、適正ロフトでアッパーにストロークすることができるようになるようです。

慣れるまで距離感が難しいかもしれませんが、ヘッドの動きは良くなるグリップです。興味がある方は試してみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    2018.06.8

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    前回は長いこと、短いことによるデメリットについてお話ししました。ではそうならないために自分に合った長…

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2
  2. パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    2018.07.31

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    最近パター用のカーボンシャフトが増えてきましたね。大手シャフトメーカーはもちろん、パターを作っている…

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?
  3. Other Brand Putters

    2018.05.3

    Other Brand Putters

    ここではその他のブランドのカスタマイズしたパターの作品集を紹介します。カスタマイズオーダー時の参考に…

    Other Brand Putters
  4. カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2

    2018.06.20

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2

    今日は実際のデータをお見せします。その前にまずは前回の3パターンを図にして、カップの中心からのずれが…

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2
  5. フェース向きのコントロールの練習 1

    2018.08.6

    フェース向きのコントロールの練習 1

    ストロークの軌道は良いのにフェースがスクエアに戻ってこなくてまっすぐにボールが打ち出せない人がたまに…

    フェース向きのコントロールの練習 1
  6. なぜショートパットを外すのか?

    2018.06.29

    なぜショートパットを外すのか?

    これは永遠のテーマな感じがします。しばらく外さないでいると徐々に自信も出てきて、良いストロー…

    なぜショートパットを外すのか?
  7. フェース向きのコントロールの練習 3

    2018.08.10

    フェース向きのコントロールの練習 3

    ちょっと間が空いてしまいましたが、フェース向きのコントロールの練習の難しいバージョンを紹介します。…

    フェース向きのコントロールの練習 3
  8. パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    2018.06.12

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    パターヘッドの重量は色々なものがあります。通常の34インチ前後の長さのパターにおいて軽い物は320g…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2
  9. パッティングで大事なのは打ち出し方向

    2018.06.5

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

    パッティングストローク分析をしていて重要なのは綺麗に打つことではなく、打ちたい方向に真っ直ぐに打ち出…

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP