色々な人のパッティングストロークを見ていて「これはダメだな…」と思うことが一つだけあります。多少のことは結果が良ければ良しとすることが多いのですが、グリップした時の手首の形だけは最初に注目しています。

以前グリッププレッシャーに関してお話ししたことがありますが、グリップは基本 “しっかり握る” が私の考えです。その “しっかり握る” ができていない手首の形があって、その形になっているとほぼ全ての方がフェースの向きの再現性が低くなっています。

手首の形には力が入ってしっかりパターの重さをコントロールできる形と、できそうもない形があります。


これがしっかり支えられそうな形


これがしっかり支えられそうもない形です。手首が前方に伸びてしまっています。そして肘も脇もあいてしまっています。

最近は重いヘッドのパターも増えてきて、ストローク中に重さで軌道が安定しなくなってしまう人を結構見ます。しっかり支えられていればストロークも安定するのに、それができていないので色々な方向に上がるし、色々な方向にフェースが向いてしまいます。

しっかり角度を作ってそれをキープすることが意識できれば、ストロークも安定してきますのでそこを意識してやってみてください。

  • コメント: 6

関連記事

  1. プロでもある意識し過ぎ

    2018.10.29

    プロでもある意識し過ぎ

    先日スタジオに来たプロのパッティングストロークの分析をしながら色々なことがわかりました。まず…

    プロでもある意識し過ぎ
  2. 利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    2018.09.3

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    フェースを真っ直ぐに向けるイメージは人によって作り方が異なります。自分の場合は間違いなく利き…

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?
  3. パターが動きたい方向に動かす

    2020.01.16

    パターが動きたい方向に動かす

    自分に決まった動きが無い方に勧めているのがこの動きです。これってどんな動きなのかわかりに…

    パターが動きたい方向に動かす
  4. アドレス時の前後の体重のかけ方

    2018.08.15

    アドレス時の前後の体重のかけ方

    アドレスしている時の重心がどこにあるか意識したことはありますか?これはつま先よりになり過ぎてもだめで…

    アドレス時の前後の体重のかけ方
  5. 2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け

    2018.07.5

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け…

    TRUECoG シリーズには3種類のヘッド素材があってそのそれぞれが全て同じ設計になっています。ヘッ…

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け
  6. 重いパターヘッドのメリット

    2019.06.4

    重いパターヘッドのメリット

    最近のパターは350gオーバーの物がほとんどで、340gというとずいぶん軽く感じる重さになりました…

    重いパターヘッドのメリット
  7. ボールの赤道より上はダメ

    2019.10.4

    ボールの赤道より上はダメ

    だれかが「ボールの赤道より上をリーディングエッジで打つ」なんて言う表現をするから、本当にそう打って…

    ボールの赤道より上はダメ
  8. インパクトでパンチが入る人、緩む人

    2018.08.27

    インパクトでパンチが入る人、緩む人

    パッティングストロークをシンプルに考えるには、インパクトで急激な加速や減速はしたくありません。…

    インパクトでパンチが入る人、緩む人
  9. フェースの下に当てるだけではない

    2019.02.22

    フェースの下に当てるだけではない

    転がりの良いパッティングをするためには、いろいろな条件があります。フェースの下で当てることはある…

    フェースの下に当てるだけではない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP