先日は究極の練習グッズを紹介しましたが、今回は同じ効果を望める練習グッズを紹介します。

今回紹介するのは、EYELINE GOLF の「PUTTING PENDULUM ROD」という練習グッズです。先日紹介した「TRUE PENDULUM MOTION」よりも安価で、同じような練習ができるグッズになります。

伸縮させることができるアルミ製の軽い棒の先端と手元にゴムがつけられていて、手前はみぞおちあたりに、先端はパターの重心あたりにつけてパターと一緒に振るだけです。簡単に動画を撮りましたのでご覧ください。

正しい動きをすると、上の動画のように今回の棒とシャフトの位置関係が変わらずにストロークできます。この動きができればショルダーストロークができているということになります。悪い動きはどんな感じかというと…

こんな感じでパターのシャフトと棒の関係がクロスして動いてしまいます。手首の角度が変わってしまって手打ちになってしまうとこうなってしまいます。

これも先日の「TRUE PENDULUM MOTION」を知る前は最高の練習グッズだと思っていたものですので、是非パッティングストローク分析をされるときにやってみてください。

パッティングストローク分析は 03-5829-9083 もしくは info@puttinglabo.com まで。

パッティングストローク分析に関する詳しい情報は…
https://www.puttinglabo.com/?product=stroke-analysis

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェース向きのコントロールの練習 2

    2018.08.7

    フェース向きのコントロールの練習 2

    今日はスクエアインパクトを練習する簡単な方法を紹介します。使うのはこれです。名刺が入…

    フェース向きのコントロールの練習 2
  2. ショートパットで考えること

    2019.01.22

    ショートパットで考えること

    ショートパットはこれまでのロングパット、ミドルパットと違って入れたいという意識が強くなりますし、考え…

    ショートパットで考えること
  3. 曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    2018.07.23

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます…

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる
  4. STRAIGHT TRAX で練習

    2019.01.24

    STRAIGHT TRAX で練習

    先日購入してみたレッドベターの練習グッズの「STRAIGHT TRAX」で練習してみました。…

    STRAIGHT TRAX で練習
  5. プロでもある意識し過ぎ

    2018.10.29

    プロでもある意識し過ぎ

    先日スタジオに来たプロのパッティングストロークの分析をしながら色々なことがわかりました。まず…

    プロでもある意識し過ぎ
  6. 2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け

    2018.07.5

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け…

    TRUECoG シリーズには3種類のヘッド素材があってそのそれぞれが全て同じ設計になっています。ヘッ…

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け
  7. パンチは本当にダメなのか?

    2018.11.7

    パンチは本当にダメなのか?

    結構「パンチが入っちゃうんだよね」という人がいらっしゃいます。パンチが入ってダメなのは、ある…

    パンチは本当にダメなのか?
  8. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さとシャフト」

    2018.09.7

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さ…

    少し前までは自分のパターの長さは33インチと決めていたのですが、最近のパターは33.75インチにして…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さとシャフト」
  9. なぜショルダーストロークか?

    2018.12.14

    なぜショルダーストロークか?

    ショルダーストロークがパッティングストロークでは大事な動きであることはずっと言ってきました。それはど…

    なぜショルダーストロークか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP