先日は究極の練習グッズを紹介しましたが、今回は同じ効果を望める練習グッズを紹介します。

今回紹介するのは、EYELINE GOLF の「PUTTING PENDULUM ROD」という練習グッズです。先日紹介した「TRUE PENDULUM MOTION」よりも安価で、同じような練習ができるグッズになります。

伸縮させることができるアルミ製の軽い棒の先端と手元にゴムがつけられていて、手前はみぞおちあたりに、先端はパターの重心あたりにつけてパターと一緒に振るだけです。簡単に動画を撮りましたのでご覧ください。

正しい動きをすると、上の動画のように今回の棒とシャフトの位置関係が変わらずにストロークできます。この動きができればショルダーストロークができているということになります。悪い動きはどんな感じかというと…

こんな感じでパターのシャフトと棒の関係がクロスして動いてしまいます。手首の角度が変わってしまって手打ちになってしまうとこうなってしまいます。

これも先日の「TRUE PENDULUM MOTION」を知る前は最高の練習グッズだと思っていたものですので、是非パッティングストローク分析をされるときにやってみてください。

パッティングストローク分析は 03-5829-9083 もしくは info@puttinglabo.com まで。

パッティングストローク分析に関する詳しい情報は…
https://www.puttinglabo.com/?product=stroke-analysis

  • コメント: 2

関連記事

  1. 実験用グリップは「TOUR SNSR」

    2019.04.4

    実験用グリップは「TOUR SNSR」

    昨日の実験用シャフトに続いて実験に使うグリップはこれに決めました。Golf Pride T…

    実験用グリップは「TOUR SNSR」
  2. 意外とヘッドアップしてた

    2019.06.7

    意外とヘッドアップしてた

    最近スマホのカメラの機能が良くなっていますね。ビデオの機能もスローモーションができたりして…

    意外とヘッドアップしてた
  3. フェース向きのコントロールの練習 3

    2018.08.10

    フェース向きのコントロールの練習 3

    ちょっと間が空いてしまいましたが、フェース向きのコントロールの練習の難しいバージョンを紹介します。…

    フェース向きのコントロールの練習 3
  4. フェースの上の方で打たない意識

    2019.07.2

    フェースの上の方で打たない意識

    パッティングストローク分析に来ていただき、フェース面のどのあたりで打っているかを見ていただくと色々…

    フェースの上の方で打たない意識
  5. 計測機器は使い方次第では逆効果も

    2019.09.9

    計測機器は使い方次第では逆効果も

    計測機器は使い方次第で問題を複雑にしてしまうこともあります。理想のストロークをさせるためだ…

    計測機器は使い方次第では逆効果も
  6. ミーリングが深いパターが少なくなった

    2019.07.3

    ミーリングが深いパターが少なくなった

    最近ミーリングが深いパターを見かけなくなりました。これには理由があると考えています。どんな…

    ミーリングが深いパターが少なくなった
  7. CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    2019.09.25

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft を入れてラウンドしてきま…

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド
  8. アドレスでのハンドファーストの度合い

    2019.03.1

    アドレスでのハンドファーストの度合い

    パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります…

    アドレスでのハンドファーストの度合い
  9. ほんの少しのオープン/クローズで

    2018.09.26

    ほんの少しのオープン/クローズで

    パッティングストローク分析をしていてアウトサイドインになっている人は結構いらっしゃいます。それとは逆…

    ほんの少しのオープン/クローズで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP