なんだかパターが構えにくいと言っていらっしゃる方が結構います。その違和感はこんな感じです。

1 どうもかぶっているような気がする
2 フェース面がアドレスした時に見え過ぎる
3 すわりが悪い
4 手がボールより前に行ったり後ろにいったりする

これらはどれも市販品にはよくあることです。ですので店頭で購入する場合は同じものがあれば実際にアドレスしてしっくりくるものを選ぶべきです。

これは当たり外れでは無く、ある意味しょうがないことです。と言うのは、組み立ての過程での均一性の話ですので、若干の違いが出てしまうわけです。

オーダーメイドのものであれば完成後に調整をするのでスペックは合っていることがほとんどです。

なぜこのようなことが起きるか?

シャフトを接着する際にヘッドやシャフトをある程度固定はしていると思うのですが、接着するシャフト側と受け側には若干の隙間があり、それがどちらに傾くかによってシャフトの入り方が変わることになります。

これがロフト角やライ角がカタログスペックと変わってしまっている原因です。

ですので違和感があるまま使わずに、必ずスペックをチェックして使うことをお勧めします。パッティングラボではストロークに合わせたパターの調整もしておりますのでお気軽にご相談ください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 万人向けの練習グッズはありませんが…

    2018.07.13

    万人向けの練習グッズはありませんが…

    世の中にはたくさんの練習グッズがあり、それぞれ開発者の意図する使い方があります。ですがそれをきちんと…

    万人向けの練習グッズはありませんが…
  2. ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    2018.07.3

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。1カップ左、および右の角度は先日のタンジ…

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編
  3. 曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    2018.07.23

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます…

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる
  4. ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    2018.10.16

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    私の場合ストローク軌道が悪い状態になるとインに引きすぎてしまいます。インに引いて主に起こるのはプッシ…

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法
  5. 旗竿を抜かずにプレーする

    2019.02.26

    旗竿を抜かずにプレーする

    旗をさしたままプレーするときにこんな風にしたら良さそうだという話しをちょっとします。まず、旗竿に当…

    旗竿を抜かずにプレーする
  6. 今年も一年ありがとうございました

    2018.12.28

    今年も一年ありがとうございました

    2018年の更新は今日で最後となります。今日はご挨拶のみとなります。パターやパッティングに関…

    今年も一年ありがとうございました
  7. フェースミーリングと打感の関係

    2018.08.2

    フェースミーリングと打感の関係

    よくゴルフクラブは打感がどうと言う話が出てきますね。その中でもパターに関しては好きな打感というのが存…

    フェースミーリングと打感の関係
  8. パッティングでのグリップの持ち方を考える

    2018.08.14

    パッティングでのグリップの持ち方を考える

    パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや…

    パッティングでのグリップの持ち方を考える
  9. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP