なんだかパターが構えにくいと言っていらっしゃる方が結構います。その違和感はこんな感じです。

1 どうもかぶっているような気がする
2 フェース面がアドレスした時に見え過ぎる
3 すわりが悪い
4 手がボールより前に行ったり後ろにいったりする

これらはどれも市販品にはよくあることです。ですので店頭で購入する場合は同じものがあれば実際にアドレスしてしっくりくるものを選ぶべきです。

これは当たり外れでは無く、ある意味しょうがないことです。と言うのは、組み立ての過程での均一性の話ですので、若干の違いが出てしまうわけです。

オーダーメイドのものであれば完成後に調整をするのでスペックは合っていることがほとんどです。

なぜこのようなことが起きるか?

シャフトを接着する際にヘッドやシャフトをある程度固定はしていると思うのですが、接着するシャフト側と受け側には若干の隙間があり、それがどちらに傾くかによってシャフトの入り方が変わることになります。

これがロフト角やライ角がカタログスペックと変わってしまっている原因です。

ですので違和感があるまま使わずに、必ずスペックをチェックして使うことをお勧めします。パッティングラボではストロークに合わせたパターの調整もしておりますのでお気軽にご相談ください。

  • コメント: 5

関連記事

  1. 自分のパッティングの弱点を知る

    2018.09.20

    自分のパッティングの弱点を知る

    みなさん自分がどんな状況の時にどんなミスをするか?把握できていますか?これを知っていると色々な対処方…

    自分のパッティングの弱点を知る
  2. 一般的なANSER型の重心位置

    2019.02.7

    一般的なANSER型の重心位置

    少し前の Scotty Cameron NEWPORT ですがシャフトを外して重心位置を調べてみま…

    一般的なANSER型の重心位置
  3. HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    2018.06.11

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    これから何回かにわたって自分がデザインしたエースパターの HILLCREST TRUECoG につい…

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」
  4. 多方面からラインを見る

    2018.11.26

    多方面からラインを見る

    先日のラウンドではこれまでよりも入念にラインを読むことを心掛けました。ラインを読むことも他の…

    多方面からラインを見る
  5. グリップエンドの動きに注目

    2018.08.22

    グリップエンドの動きに注目

    パッティングのストローク中のグリップエンドに注目してみてください。上の動画のようにシ…

    グリップエンドの動きに注目
  6. 遠過ぎるボールとの距離

    2019.03.13

    遠過ぎるボールとの距離

    先日近すぎるボールとの距離についてお話ししましたが、今日はその逆の遠すぎるボール位置についてです。…

    遠過ぎるボールとの距離
  7. テークバックは手で引かない

    2019.05.24

    テークバックは手で引かない

    パッティングストロークの分析にいらした方の話を聞くと、テークバックをどう引いたらいいかということを…

    テークバックは手で引かない
  8. ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    2019.01.7

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    パッティングで良い当たりをした時の感触をこんな風に表現することがあります。適正なロフトで適正…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1
  9. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP