なんだかパターが構えにくいと言っていらっしゃる方が結構います。その違和感はこんな感じです。

1 どうもかぶっているような気がする
2 フェース面がアドレスした時に見え過ぎる
3 すわりが悪い
4 手がボールより前に行ったり後ろにいったりする

これらはどれも市販品にはよくあることです。ですので店頭で購入する場合は同じものがあれば実際にアドレスしてしっくりくるものを選ぶべきです。

これは当たり外れでは無く、ある意味しょうがないことです。と言うのは、組み立ての過程での均一性の話ですので、若干の違いが出てしまうわけです。

オーダーメイドのものであれば完成後に調整をするのでスペックは合っていることがほとんどです。

なぜこのようなことが起きるか?

シャフトを接着する際にヘッドやシャフトをある程度固定はしていると思うのですが、接着するシャフト側と受け側には若干の隙間があり、それがどちらに傾くかによってシャフトの入り方が変わることになります。

これがロフト角やライ角がカタログスペックと変わってしまっている原因です。

ですので違和感があるまま使わずに、必ずスペックをチェックして使うことをお勧めします。パッティングラボではストロークに合わせたパターの調整もしておりますのでお気軽にご相談ください。

  • コメント: 6

関連記事

  1. ウェイト交換で重心は動くのか?

    2019.02.8

    ウェイト交換で重心は動くのか?

    今回の実験はいったいどのくらいのウェイト配分にしたら Scotty Cameron の NEWPO…

    ウェイト交換で重心は動くのか?
  2. 練習を重ねるということ

    2019.12.6

    練習を重ねるということ

    練習をあまりしない方が良いという言い方をしたくはないのですが、明らかに練習をし過ぎで悪い方向に行っ…

    練習を重ねるということ
  3. インパクトで大事なこと

    2018.11.13

    インパクトで大事なこと

    インパクトで思った方向に打ち出すために必要な条件は、フェース向きとクラブ軌道の条件があった時です。…

    インパクトで大事なこと
  4. フェースの向き/ストローク軌道のつじつまを合わせる

    2019.09.26

    フェースの向き/ストローク軌道のつじつまを合わせる

    ボールが飛び出す方向(打ち出し方向)は、インパクト時のフェースの向きとその時のストローク軌道で決ま…

    フェースの向き/ストローク軌道のつじつまを合わせる
  5. プロでもある意識し過ぎ

    2018.10.29

    プロでもある意識し過ぎ

    先日スタジオに来たプロのパッティングストロークの分析をしながら色々なことがわかりました。まず…

    プロでもある意識し過ぎ
  6. 外れてガッカリしないために

    2020.01.20

    外れてガッカリしないために

    先日の話の続きみたいになってしまいますが、今日はカップインしなくてもがっかりしないための方法を書…

    外れてガッカリしないために
  7. フォローの動きの意識

    2019.07.16

    フォローの動きの意識

    昨日はテークバックで左脇が縮む意識すると良いという話をしました。今日はフォロースルーでの動…

    フォローの動きの意識
  8. 自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    2018.06.8

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    前回は長いこと、短いことによるデメリットについてお話ししました。ではそうならないために自分に合った長…

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2
  9. STABILITY Shaft 実験2

    2019.06.14

    STABILITY Shaft 実験2

    今エースで使用している HILLCREST TRUECoG CUPRUM は良い感じで使えているの…

    STABILITY Shaft 実験2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP