なんだかパターが構えにくいと言っていらっしゃる方が結構います。その違和感はこんな感じです。

1 どうもかぶっているような気がする
2 フェース面がアドレスした時に見え過ぎる
3 すわりが悪い
4 手がボールより前に行ったり後ろにいったりする

これらはどれも市販品にはよくあることです。ですので店頭で購入する場合は同じものがあれば実際にアドレスしてしっくりくるものを選ぶべきです。

これは当たり外れでは無く、ある意味しょうがないことです。と言うのは、組み立ての過程での均一性の話ですので、若干の違いが出てしまうわけです。

オーダーメイドのものであれば完成後に調整をするのでスペックは合っていることがほとんどです。

なぜこのようなことが起きるか?

シャフトを接着する際にヘッドやシャフトをある程度固定はしていると思うのですが、接着するシャフト側と受け側には若干の隙間があり、それがどちらに傾くかによってシャフトの入り方が変わることになります。

これがロフト角やライ角がカタログスペックと変わってしまっている原因です。

ですので違和感があるまま使わずに、必ずスペックをチェックして使うことをお勧めします。パッティングラボではストロークに合わせたパターの調整もしておりますのでお気軽にご相談ください。

  • コメント: 6

関連記事

  1. 調整を断られたパターの持込がたくさん

    2020.03.2

    調整を断られたパターの持込がたくさん

    最近パターの調整だけにいらっしゃる方も増えてきました。以前は高額のパターや、大型マレット…

    調整を断られたパターの持込がたくさん
  2. ストローク中に右膝を動かさない

    2019.04.1

    ストローク中に右膝を動かさない

    パターの調子が悪くなってくると、この右膝の動きを注意しています。パッティングストローク分析…

    ストローク中に右膝を動かさない
  3. 悪い流れを断つ

    2019.12.27

    悪い流れを断つ

    ラウンド中にどうしても一筋外れてしまうとか、右に外した後は左に外してしまうという状況に陥ったりして…

    悪い流れを断つ
  4. 無意識のパッティング その2

    2020.04.14

    無意識のパッティング その2

    今日も外出自粛中に読んだ「無意識のパッティング」の話。こんなフレーズがありました。パッティ…

    無意識のパッティング その2
  5. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2

    2018.07.30

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2

    先日は究極の練習グッズを紹介しましたが、今回は同じ効果を望める練習グッズを紹介します。今回紹…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2
  6. 腹圧を上げて右膝をロック

    2020.04.6

    腹圧を上げて右膝をロック

    手打ちにならないために意識するところを色々考えているのですが、表題のイメージが意外とわかりやすい…

    腹圧を上げて右膝をロック
  7. 自分がどう動かそうとしているかの確認

    2018.10.24

    自分がどう動かそうとしているかの確認

    パッティングストロークの分析を受けに来ていただいた方には、必ず最初に打っていただきながらどんなイメー…

    自分がどう動かそうとしているかの確認
  8. 自分の癖をつかむ

    2019.06.6

    自分の癖をつかむ

    パッティングストロークの分析をしていただいてよくわかるのは自分の癖です。癖はほとんどの場合…

    自分の癖をつかむ
  9. Scotty Cameron LOFT & LIE Fixture

    2019.09.10

    Scotty Cameron LOFT & LIE Fixt…

    Putting Labo. で使用しているパター専用ロフト・ライマシーンは Scotty Came…

    Scotty Cameron LOFT & LIE Fixture

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP