よくグリップを握る強さについて聞かれることがあります。この質問に対しては即答で「しっかり握ってください」と答えています。

巷で聞く話で印象に残っているのは、卵が割れないくらいの力でとか、ヒヨコを潰さない程度に優しく…なんていう表現もあります。どれも漠然とした表現で、わかりにくい上になぜそんなに緩く握るのか、その理由がわかりません。

パッティングストローク分析に来る方の中にも実際にこうやっている方が結構いらっしゃいます。

自分の解釈ですがこれらの表現は上半身がこわばらないようにという意味の言葉なのではないかと思っています。ショットにおいてもパッティングにおいても上半身がこわばると、体がスムーズに動かなくなります。

グリッププレッシャーを強くすることが上半身のこわばりを招いてしまうことを避けるために緩くグリップするということになると考えたのだと思います。

ただ間違えたくないのは、手首がブラブラになってはいけないということです。ヘッドが色々な方向に動いてしまう結果になることはパッティングの安定のためには避けたいことです。

グリップを固く握って肩に力を入れないのは少し難しいかもしれませんね。ですが、ヘッドの動きを安定させたいのに、緩く握っていたら安定はしないと思います。

ですので上半身の力を抜いてしっかり握るが正しい表現だと思います。またそれができていればショルダーストロークもやりやすくなるはずです。

  • コメント: 2

関連記事

  1. 久しぶりのゴルフで鈍る感覚

    2019.10.24

    久しぶりのゴルフで鈍る感覚

    久しぶりのラウンドで感じたパッティングの感覚の違いについてお話しします。半月ちょっとなので…

    久しぶりのゴルフで鈍る感覚
  2. 重いほうが打ちやすいという人が多い

    2019.12.18

    重いほうが打ちやすいという人が多い

    ヘッドが効いているパターの方が打ちやすいという方が多いです。確かに軽いよりは重いほうが打ち…

    重いほうが打ちやすいという人が多い
  3. 久しぶりの手詰りな状況

    2020.02.25

    久しぶりの手詰りな状況

    先日のラウンドでは予期せぬことがたくさん起こりました。3パットをすることはあまりないので…

    久しぶりの手詰りな状況
  4. なぜショートパットを外すのか?

    2018.06.29

    なぜショートパットを外すのか?

    これは永遠のテーマな感じがします。しばらく外さないでいると徐々に自信も出てきて、良いストロー…

    なぜショートパットを外すのか?
  5. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝
  6. スタンスの向きを変えて軌道を修正

    2019.09.3

    スタンスの向きを変えて軌道を修正

    一般的にオープンスタンスの人はアウトサイドイン、クローズドスタンスの人はインサイドアウトの軌道にな…

    スタンスの向きを変えて軌道を修正
  7. パンチは本当にダメなのか?

    2018.11.7

    パンチは本当にダメなのか?

    結構「パンチが入っちゃうんだよね」という人がいらっしゃいます。パンチが入ってダメなのは、ある…

    パンチは本当にダメなのか?
  8. パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    2019.01.28

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    ここ何回かのストローク分析で、表題の通りパターがすわる位置に合わせて手首の角度や手首の形を決めてしま…

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ
  9. テークバックが小さいのはダメです

    2019.11.21

    テークバックが小さいのはダメです

    最近立て続けにテークバックを小さくしているという方がいらっしゃいました。以前も言いましたが…

    テークバックが小さいのはダメです

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP