よくグリップを握る強さについて聞かれることがあります。この質問に対しては即答で「しっかり握ってください」と答えています。

巷で聞く話で印象に残っているのは、卵が割れないくらいの力でとか、ヒヨコを潰さない程度に優しく…なんていう表現もあります。どれも漠然とした表現で、わかりにくい上になぜそんなに緩く握るのか、その理由がわかりません。

パッティングストローク分析に来る方の中にも実際にこうやっている方が結構いらっしゃいます。

自分の解釈ですがこれらの表現は上半身がこわばらないようにという意味の言葉なのではないかと思っています。ショットにおいてもパッティングにおいても上半身がこわばると、体がスムーズに動かなくなります。

グリッププレッシャーを強くすることが上半身のこわばりを招いてしまうことを避けるために緩くグリップするということになると考えたのだと思います。

ただ間違えたくないのは、手首がブラブラになってはいけないということです。ヘッドが色々な方向に動いてしまう結果になることはパッティングの安定のためには避けたいことです。

グリップを固く握って肩に力を入れないのは少し難しいかもしれませんね。ですが、ヘッドの動きを安定させたいのに、緩く握っていたら安定はしないと思います。

ですので上半身の力を抜いてしっかり握るが正しい表現だと思います。またそれができていればショルダーストロークもやりやすくなるはずです。

  • コメント: 6

関連記事

  1. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2

    2019.05.16

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2

    今日は細かいデータではなく、結果どっち打ち出せたかのデータを見てみました。このデータが一番…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2
  2. 風が強い日のパッティング

    2019.03.25

    風が強い日のパッティング

    先日のラウンドはかなり強い風が吹いていました。ショットで言うとアゲインストの時は2番手でも…

    風が強い日のパッティング
  3. 安定している動きを優先する

    2019.03.5

    安定している動きを優先する

    パッティングストロークの分析では、色々なパラーメーターにおける再現性を点数にして表示されます。…

    安定している動きを優先する
  4. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面処理/打刻/色入れ」

    2018.09.13

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面…

    今回の Rocker Sole Remake はバックフェースの彫刻がある SUS303 素材のモデ…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面処理/打刻/色入れ」
  5. パターが変わったときに気を付けること

    2018.10.5

    パターが変わったときに気を付けること

    先日久しぶりにエースパターではないパターを使ってみたのですが、距離感が合わず苦労しました。ヘ…

    パターが変わったときに気を付けること
  6. パターの打感は調整だけでも変わる

    2018.11.27

    パターの打感は調整だけでも変わる

    パター選びの基準で打感にこだわる人が結構いらっしゃいます。一般的にはヘッドの素材だったり、フ…

    パターの打感は調整だけでも変わる
  7. フェースの下で当てる練習

    2018.12.3

    フェースの下で当てる練習

    今日はフェースの下で当てる練習の仕方を紹介します。用意するものは割りばしと両面テープ…

    フェースの下で当てる練習
  8. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング
  9. パターのライ角調整で激変

    2019.04.9

    パターのライ角調整で激変

    先日来てくださった方があまりに思い通りの結果になったのでちょっと報告です。その方はパッティ…

    パターのライ角調整で激変

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP