よくグリップを握る強さについて聞かれることがあります。この質問に対しては即答で「しっかり握ってください」と答えています。

巷で聞く話で印象に残っているのは、卵が割れないくらいの力でとか、ヒヨコを潰さない程度に優しく…なんていう表現もあります。どれも漠然とした表現で、わかりにくい上になぜそんなに緩く握るのか、その理由がわかりません。

パッティングストローク分析に来る方の中にも実際にこうやっている方が結構いらっしゃいます。

自分の解釈ですがこれらの表現は上半身がこわばらないようにという意味の言葉なのではないかと思っています。ショットにおいてもパッティングにおいても上半身がこわばると、体がスムーズに動かなくなります。

グリッププレッシャーを強くすることが上半身のこわばりを招いてしまうことを避けるために緩くグリップするということになると考えたのだと思います。

ただ間違えたくないのは、手首がブラブラになってはいけないということです。ヘッドが色々な方向に動いてしまう結果になることはパッティングの安定のためには避けたいことです。

グリップを固く握って肩に力を入れないのは少し難しいかもしれませんね。ですが、ヘッドの動きを安定させたいのに、緩く握っていたら安定はしないと思います。

ですので上半身の力を抜いてしっかり握るが正しい表現だと思います。またそれができていればショルダーストロークもやりやすくなるはずです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    2018.09.3

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    フェースを真っ直ぐに向けるイメージは人によって作り方が異なります。自分の場合は間違いなく利き…

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?
  2. フェースローテーションはするものではありません 2/2

    2018.07.18

    フェースローテーションはするものではありません 2/2

    先日はフェースバランスだからローテーションが少なくなって、L字タイプだからローテーションが多くなるの…

    フェースローテーションはするものではありません 2/2
  3. ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    2019.01.7

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    パッティングで良い当たりをした時の感触をこんな風に表現することがあります。適正なロフトで適正…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1
  4. 初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018.05.22

    初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018年5月22日、新しいサイト「The Putting Laboratory(パッティングラボ)…

    初めまして、パッティングラボの遠藤です
  5. バーディパットが入る人、入らない人

    2018.12.5

    バーディパットが入る人、入らない人

    色々な人とラウンドしていて感じる事なのですが、バーディチャンスをモノにできる人と、そうではない人に差…

    バーディパットが入る人、入らない人
  6. 今年も一年ありがとうございました

    2018.12.28

    今年も一年ありがとうございました

    2018年の更新は今日で最後となります。今日はご挨拶のみとなります。パターやパッティングに関…

    今年も一年ありがとうございました
  7. 狙う方向のイメージを変えるだけでも

    2018.11.30

    狙う方向のイメージを変えるだけでも

    パッティングストロークの分析をしていて出てくるデータに打ち出し方向(角度)があります。以前も…

    狙う方向のイメージを変えるだけでも
  8. パターグリップをどう選ぶか?

    2018.06.22

    パターグリップをどう選ぶか?

    みなさんどうやってグリップを選んでいますか?今回はグリップを選ぶ際の注意点についてお話ししたいと思い…

    パターグリップをどう選ぶか?
  9. パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    2018.06.13

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    昨日予告した実験をしました。下の表が結果の生データです。表の中の10の位が1はBバラ…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP