この話も直接 Scotty Cameron 氏からお聞きした話です。

Tiger Woods はずっと PING ANSER 2 を使っていました。その頃からグリップは PING のラバーグリップでこれは今でも使い続けています。一瞬、SuperStroke Slim 1.0 を試しましたが、直ぐに戻りましたね。

PING ANSER 2 にはサイトラインがありますが、現在も使用している Classical Head の NEWPORT 2 はサイトラインではなく、サイトドットになっています。

Cameron 氏が Tiger Woods のパターの仕様を決める時に、もちろん今までと違和感がないようにサイトラインが入ったモデルも用意したとのことでしたが、サイトラインがあるモデルになるとラインを目で追ってしまいテークバックに影響が出ることがわかったとのことでした。

これがサイトドットになるとそれがなくなることがわかり、今の仕様になったとのことでした。

人それぞれ見るところは違いますので、こういうことが起こりますね。例えば ODYSSEY の 2 Ball パターなどは、まっすぐテークバックしないとヘッドの動きが気になるように作られたパターです。

使いながらストロークの矯正ができるパターということですね。サイトラインやサイトドットのこともう少し考えてみると面白いかもしれませんよ。

  • コメント: 2

関連記事

  1. 小学5年生のストロークは…

    2020.02.17

    小学5年生のストロークは…

    先日小学校5年生の男の子がパッティングストロークの分析に来てくれました。そこで大人とは違うな~と…

    小学5年生のストロークは…
  2. パッティングはシンプルに

    2019.10.15

    パッティングはシンプルに

    以前はショートパットの自信がなく、いつもびくびくしながら打っていました。ですが、パッティン…

    パッティングはシンプルに
  3. Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話

    2018.06.6

    Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話

    以前 Scotty Cameron 氏にインタビューした時、NEWPORT のサイトラインの話を聞い…

    Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話
  4. パターの芯で打つことのメリット

    2019.10.21

    パターの芯で打つことのメリット

    パターの芯(重心位置)で打つとたくさんの良いことがあります。1.転がりが良い 2.左右にぶ…

    パターの芯で打つことのメリット
  5. 素振り通りに打てない

    2020.04.3

    素振り通りに打てない

    ストローク分析をしていると、素振りは綺麗に振れるのにいざボールを打つとなるとすっかり変わってしま…

    素振り通りに打てない
  6. アドレス時のフェース向き

    2018.11.12

    アドレス時のフェース向き

    パッティングストローク分析をしていただくと、一番最初に出てくるのがアドレス時のフェースの向きです。…

    アドレス時のフェース向き
  7. 小さいテークバックで良いことはありません

    2019.06.3

    小さいテークバックで良いことはありません

    パッティングストローク分析をするときに、フリーで打ってもらって色々な考えをお聞きします。そ…

    小さいテークバックで良いことはありません
  8. 曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    2018.07.23

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます…

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる
  9. ショルダーストロークの確認方法

    2019.06.12

    ショルダーストロークの確認方法

    ショルダーストロークができているかどうかの確認は色々なやり方がありますが、今回は比較的簡単にできる…

    ショルダーストロークの確認方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP