この話も直接 Scotty Cameron 氏からお聞きした話です。

Tiger Woods はずっと PING ANSER 2 を使っていました。その頃からグリップは PING のラバーグリップでこれは今でも使い続けています。一瞬、SuperStroke Slim 1.0 を試しましたが、直ぐに戻りましたね。

PING ANSER 2 にはサイトラインがありますが、現在も使用している Classical Head の NEWPORT 2 はサイトラインではなく、サイトドットになっています。

Cameron 氏が Tiger Woods のパターの仕様を決める時に、もちろん今までと違和感がないようにサイトラインが入ったモデルも用意したとのことでしたが、サイトラインがあるモデルになるとラインを目で追ってしまいテークバックに影響が出ることがわかったとのことでした。

これがサイトドットになるとそれがなくなることがわかり、今の仕様になったとのことでした。

人それぞれ見るところは違いますので、こういうことが起こりますね。例えば ODYSSEY の 2 Ball パターなどは、まっすぐテークバックしないとヘッドの動きが気になるように作られたパターです。

使いながらストロークの矯正ができるパターということですね。サイトラインやサイトドットのこともう少し考えてみると面白いかもしれませんよ。

  • コメント: 5

関連記事

  1. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習
  2. パターが変わったときに気を付けること

    2018.10.5

    パターが変わったときに気を付けること

    先日久しぶりにエースパターではないパターを使ってみたのですが、距離感が合わず苦労しました。ヘ…

    パターが変わったときに気を付けること
  3. フェース向きのコントロールの練習 3

    2018.08.10

    フェース向きのコントロールの練習 3

    ちょっと間が空いてしまいましたが、フェース向きのコントロールの練習の難しいバージョンを紹介します。…

    フェース向きのコントロールの練習 3
  4. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  5. テークバックは手で引かない

    2019.05.24

    テークバックは手で引かない

    パッティングストロークの分析にいらした方の話を聞くと、テークバックをどう引いたらいいかということを…

    テークバックは手で引かない
  6. パッティングは引きずらないこと

    2019.04.2

    パッティングは引きずらないこと

    パターがうまくいかない人の多くは一度のミスを次のパットに引きずってしまっています。普段通り…

    パッティングは引きずらないこと
  7. 多方面からラインを見る

    2018.11.26

    多方面からラインを見る

    先日のラウンドではこれまでよりも入念にラインを読むことを心掛けました。ラインを読むことも他の…

    多方面からラインを見る
  8. パッティング練習グッズ 「Pro Putt」

    2018.10.15

    パッティング練習グッズ 「Pro Putt」

    「Pro Putt」 という練習グッズをご存知でしょうか?これ簡単な練習グッズですが、かなり効果がす…

    パッティング練習グッズ 「Pro Putt」
  9. バーディパットが入る人、入らない人

    2018.12.5

    バーディパットが入る人、入らない人

    色々な人とラウンドしていて感じる事なのですが、バーディチャンスをモノにできる人と、そうではない人に差…

    バーディパットが入る人、入らない人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP