この質問はパッティングストロークの分析をしていてよく聞かれる質問です。

一般的にはフェースローテーションとパターの重心角には関係があって、フェースバランスのパターはローテーションが少なく、重心角が大きいL字型などはローテーションが多くなるということが多いです。

これはそういうパターだからローテーションをどうしなければならないということではなく、自然に振っていればそうなるはずということです。ですので、かなりの確率でこれはフェースバランスだから真っすぐ真っ直ぐに振ろうとするとか、L字だからローテーションを使うように手を動かしてしまっていたりします。

例えば私の場合すごくインサイドに引く癖があって、それがひどくなってくるとプッシュアウトのミスが頻発するようになります。それを矯正するためにフェースバランスの大型マレットを使った時期がありました。

これは同じストロークをしてもフェースバランスのパターの方がインサイドに引くことが少なくなり、ローテーションも減るからです。これでしばらくラウンドしていると徐々にその軌道への動きが癖になって元々のパターに戻っても良いストロークができるようになります。

今ではSAM PuttLabがあるので、何かおかしいなと思った時には計測してみて状況を知ることができています。ですので「どんなパターが合いますか?」と聞かれたら、使いたいパターを使えば良いと言っています。

もちろんすべての方がそうではありませんが、基本は一番打つ回数が多いパターですから、自分がかっこいいと思うもの、自分が使いたいと思うものを使うのが良いと思っています。

ではその中でそのパターをどうやったらもっとうまく打てるのかを考えるのが良いと思います。こういう打ち方だからこの形状のパターが合うというのもあることはありますが、それはインパクトをむかえる過程がどうなっているか?インパクト後にどんな動きをするか?などで判断します。

それよりも影響を及ぼすのは、ヘッド素材、ヘッド重量、長さ、ライ角、グリップなどの方が影響を及ぼす要素となることが多いです。この辺は次回以降に順次書いていきます。

  • コメント: 5

関連記事

  1. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  2. スタンスを決めるときに意識すること

    2018.10.19

    スタンスを決めるときに意識すること

    何気なくとっているスタンスですが、ショットの時同様体重のかかり方が結構重要です。パッティング…

    スタンスを決めるときに意識すること
  3. グリップを変えるときの注意

    2018.10.30

    グリップを変えるときの注意

    パターのグリップは本当に慎重に変えた方が良いパーツです。重さ、太さ、素材、形状など色々な要素…

    グリップを変えるときの注意
  4. パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    2018.06.13

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    昨日予告した実験をしました。下の表が結果の生データです。表の中の10の位が1はBバラ…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2
  5. ロフト調整で変わる打音

    2019.05.30

    ロフト調整で変わる打音

    インパクト時のハンドファーストもしくはハンドレイトの度合いによってインパクトロフトが変わります。…

    ロフト調整で変わる打音
  6. ボールのラインを合わせることのメリット

    2018.08.24

    ボールのラインを合わせることのメリット

    ボールのプリントに直線部分があったりすると、そこをターゲットに向けてボールを置いたり、自分で太いライ…

    ボールのラインを合わせることのメリット
  7. フェース向きのコントロールの練習 3

    2018.08.10

    フェース向きのコントロールの練習 3

    ちょっと間が空いてしまいましたが、フェース向きのコントロールの練習の難しいバージョンを紹介します。…

    フェース向きのコントロールの練習 3
  8. 過去のストロークを引きずったストローク

    2018.12.20

    過去のストロークを引きずったストローク

    ショットでも同じなのですが、直前のミスの記憶が次のショットやパットに影響を与えることがあります。…

    過去のストロークを引きずったストローク
  9. ショートパットで考えること

    2019.01.22

    ショートパットで考えること

    ショートパットはこれまでのロングパット、ミドルパットと違って入れたいという意識が強くなりますし、考え…

    ショートパットで考えること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP