元々サイトラインが無いのが OLD ANSER らしいところなのですが、やはりサイトラインやサイトドットがあった方が構えやすいという人もいますので、最初から入ったモデルを数本ですが用意しました。

Rocker Sole Remake 2017 w/Normal Sight Line
まず一つ目はオーソドックスなサイトラインが入ったモデル。まだ色入れをしていないのでイメージがわかないかもしれませんが、色を入れればかなりくっきり見えるようになります。

Rocker Sole Remake 2017 w/Top Blade Sight Line
二つ目はトップブレードにサイトラインが入ったモデル。ここにサイトラインを入れているプロで思い浮かぶのは Jordan Spieth ですね。自分もここにサイトラインが入った効果については、「あれ?何かフェースを合わせやすい」という感じでした。これって線の位置がボールに近いからなんですかね?

Rocker Sole Remake 2017 w/Sight Dot
三つ目はトップブレードにサイトドットが入ったモデル。ドットの場合ラインでは無いので打ち出したい方向のイメージを作るというよりは、打点を意識するという効果が強いと思います。ですので、ラインのように直交や平行の意識はサイトラインよりぼんやりしたものになります。

これらのパターは通常入っていないものに後から入れるオプションの価格よりお安く購入いただけます数量限定ですので気になる方はお早めに!

Rocker Sole Remake 2017の通常価格が90,000円+TAXのところ発売記念価格で70,000円+TAXになっています。サイトラインの追加は9,500円+TAX、サイトドットの追加は8,000円+TAXのところ、3種類どれでも75,000円+TAXで提供いたします!

  • コメント: 1

関連記事

  1. マレット型は本当に易しいのか?

    2018.12.12

    マレット型は本当に易しいのか?

    パターがあまり得意ではないという理由でマレット型のパターを選んでいる方が結構いらっしゃいます。…

    マレット型は本当に易しいのか?
  2. できあがった実験用パター

    2019.04.8

    できあがった実験用パター

    実験用のパターができあがりました。使うパーツとしては、ヘッドが「Scotty Camero…

    できあがった実験用パター
  3. パターグリップをどう選ぶか?

    2018.06.22

    パターグリップをどう選ぶか?

    みなさんどうやってグリップを選んでいますか?今回はグリップを選ぶ際の注意点についてお話ししたいと思い…

    パターグリップをどう選ぶか?
  4. フォローを必要以上に出さないために その1

    2020.01.22

    フォローを必要以上に出さないために その1

    先日パッティングストロークの分析をしていて小さいテークバックから、かなり大きなフォローを出す人が…

    フォローを必要以上に出さないために その1
  5. パターのライ角を合わせることの重要性

    2018.06.26

    パターのライ角を合わせることの重要性

    パッティングストロークの分析をしていてライ角が合っていない人の数は全体の2/5くらいいるような気がし…

    パターのライ角を合わせることの重要性
  6. 市販パターを使う上での知っておくべきこと

    2018.06.18

    市販パターを使う上での知っておくべきこと

    なんだかパターが構えにくいと言っていらっしゃる方が結構います。その違和感はこんな感じです。1…

    市販パターを使う上での知っておくべきこと
  7. 知らなくてもいいことはある

    2020.01.15

    知らなくてもいいことはある

    ストローク分析では色々なことがわかります。色々わかりすぎてしまうので、かえってよくないこともあり…

    知らなくてもいいことはある
  8. ウェイト交換で重心は動くのか?

    2019.02.8

    ウェイト交換で重心は動くのか?

    今回の実験はいったいどのくらいのウェイト配分にしたら Scotty Cameron の NEWPO…

    ウェイト交換で重心は動くのか?
  9. アドレスでのハンドファーストの度合い

    2019.03.1

    アドレスでのハンドファーストの度合い

    パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります…

    アドレスでのハンドファーストの度合い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP