短いパットを外すっていやですよね…。せっかく250 Yardを飛ばしても、50cmを外してしまうとがっかりしますね。自分も以前は本当にショートパットが苦手で最近入るようになったとはいえ、細心の注意をしながら打っています。

そうなると自分の場合はフェースローテーションが通常のストロークよりもなくなってきて右に押し出すということが自分のショートパットのミスでした。プッシュアウトが出れば次は引っ掛けになって悪いスパイラルに入っていってしまいます。

これも自分では原因がわからなかったので、SAM PuttLabで分析してみました。今回はきっとここに差が出ていると思ってまずはフェースローテーションに注目してみました。

これが3mの距離のフェースローテーションで、テークバックが終わった時のフェースの開きが6.5度、インパクトではほぼ真っ直ぐの0.1度オープンでした。そしてインパクト前10cmと、インパクト後10cmのクローズの動きは前が3度、後が2.8度とほぼ同じ。

こちらは1mの距離のフェースローテーションで、テークバックが終わった時のフェースの開きが3.9度、インパクトではほぼ真っ直ぐの0.1度オープンでした。そしてインパクト前10cmと、インパクト後10cmのクローズの動きは前が2度、後が1.8度とほぼ同じ。

この二つのデータを見ると距離が短くなっているので、もちろんフェースの開きは少なくなるのですが、自分の意識ではもっとローテーションをしないで打っているつもりでした。その中のクローズの動きも3mの時よりも1mの時に動きが小さくなるのは当然で、これだけ見ると何の問題もないように見えます。

ここに結構違いが出ると予測していたのですが、それほどの差は見当たりませんね。もちろんここで明らかな差が出る人もいると思います。

ですが他のSAM PuttLabのデータを見てみると意外なことがわかりました。それはまた次回…。

  • コメント: 8

関連記事

  1. ストロークを分析するメリット

    2020.01.10

    ストロークを分析するメリット

    パッティングストロークには理想の動きはあると思っています。やはり手の意識を無にして体で動ければ、…

    ストロークを分析するメリット
  2. 自分の癖をつかむ

    2019.06.6

    自分の癖をつかむ

    パッティングストロークの分析をしていただいてよくわかるのは自分の癖です。癖はほとんどの場合…

    自分の癖をつかむ
  3. パターグリップをどう選ぶか?

    2018.06.22

    パターグリップをどう選ぶか?

    みなさんどうやってグリップを選んでいますか?今回はグリップを選ぶ際の注意点についてお話ししたいと思い…

    パターグリップをどう選ぶか?
  4. TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft

    2019.09.24

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaf…

    以前 STABILITY Shaft を入れてバランスが重くなり過ぎてしまった HILLCREST…

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft
  5. STABILITY Shaft 実験2

    2019.06.14

    STABILITY Shaft 実験2

    今エースで使用している HILLCREST TRUECoG CUPRUM は良い感じで使えているの…

    STABILITY Shaft 実験2
  6. また長尺パターに興味が…

    2020.06.18

    また長尺パターに興味が…

    先日ラウンドしたプロが長尺パターを使っていました。2~3mのパーパットやバーディーパットは…

    また長尺パターに興味が…
  7. 自信を無くすことが一番ダメ

    2020.02.6

    自信を無くすことが一番ダメ

    人それぞれ性格があるので、ダメって言われてもしょうがない部分はあると思いますが、血液型「O型」の…

    自信を無くすことが一番ダメ
  8. パッティングで大事なことは…

    2019.09.30

    パッティングで大事なことは…

    最近ラウンドしていてパッティングに大事なことは「決めること」だなとつくづく思っています。決…

    パッティングで大事なことは…
  9. アドレスでのハンドファーストの度合い

    2019.03.1

    アドレスでのハンドファーストの度合い

    パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります…

    アドレスでのハンドファーストの度合い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP