短いパットを外すっていやですよね…。せっかく250 Yardを飛ばしても、50cmを外してしまうとがっかりしますね。自分も以前は本当にショートパットが苦手で最近入るようになったとはいえ、細心の注意をしながら打っています。

そうなると自分の場合はフェースローテーションが通常のストロークよりもなくなってきて右に押し出すということが自分のショートパットのミスでした。プッシュアウトが出れば次は引っ掛けになって悪いスパイラルに入っていってしまいます。

これも自分では原因がわからなかったので、SAM PuttLabで分析してみました。今回はきっとここに差が出ていると思ってまずはフェースローテーションに注目してみました。

これが3mの距離のフェースローテーションで、テークバックが終わった時のフェースの開きが6.5度、インパクトではほぼ真っ直ぐの0.1度オープンでした。そしてインパクト前10cmと、インパクト後10cmのクローズの動きは前が3度、後が2.8度とほぼ同じ。

こちらは1mの距離のフェースローテーションで、テークバックが終わった時のフェースの開きが3.9度、インパクトではほぼ真っ直ぐの0.1度オープンでした。そしてインパクト前10cmと、インパクト後10cmのクローズの動きは前が2度、後が1.8度とほぼ同じ。

この二つのデータを見ると距離が短くなっているので、もちろんフェースの開きは少なくなるのですが、自分の意識ではもっとローテーションをしないで打っているつもりでした。その中のクローズの動きも3mの時よりも1mの時に動きが小さくなるのは当然で、これだけ見ると何の問題もないように見えます。

ここに結構違いが出ると予測していたのですが、それほどの差は見当たりませんね。もちろんここで明らかな差が出る人もいると思います。

ですが他のSAM PuttLabのデータを見てみると意外なことがわかりました。それはまた次回…。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ボールをフェースに乗せて運ぶ その2

    2019.01.8

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その2

    理想は少しハンドファーストでアッパー軌道で当たるのが動き的には良い動きになります。そして左右…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その2
  2. 下半身を動かさない意識

    2018.10.17

    下半身を動かさない意識

    パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダース…

    下半身を動かさない意識
  3. インパクトで大事なこと

    2018.11.13

    インパクトで大事なこと

    インパクトで思った方向に打ち出すために必要な条件は、フェース向きとクラブ軌道の条件があった時です。…

    インパクトで大事なこと
  4. ボールのラインを合わせることのメリット

    2018.08.24

    ボールのラインを合わせることのメリット

    ボールのプリントに直線部分があったりすると、そこをターゲットに向けてボールを置いたり、自分で太いライ…

    ボールのラインを合わせることのメリット
  5. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  6. 近くのスパットか?打っていく方向か?

    2018.08.29

    近くのスパットか?打っていく方向か?

    人によってターゲット方向のイメージの仕方は異なります。表題のように近くのスパットに対してフェ…

    近くのスパットか?打っていく方向か?
  7. グリップエンドの動きに注目

    2018.08.22

    グリップエンドの動きに注目

    パッティングのストローク中のグリップエンドに注目してみてください。上の動画のようにシ…

    グリップエンドの動きに注目
  8. 自宅での効果的な練習 その1

    2019.01.17

    自宅での効果的な練習 その1

    自宅でパッティングも練習を効果的にする方法の一つ目です。自宅にパターマットがあるという方は結…

    自宅での効果的な練習 その1
  9. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP