これまでたくさんのアマチュアゴルファー、プロゴルファーのパッティングストローク分析をしてきました。

パッティングストローク分析では最初はじっくり打っているところを見せていただきながら、その方のストロークの特徴を把握します。大体の特徴が把握できたら次はその方が持っているパッティングストロークの理想だったり、部分的なイメージだったりを聞かせていただきます。

この時点でお聞きしている内容と、実際にやっているストロークにギャップがある方がイメージではありますが全体の半分以上はいます。さらに自分が思っていることを過度にやり過ぎている方が3割くらいはいます。

パッティングストローク分析で具体的な数値や絵を見ていただくとそれが一目瞭然になり、自分のやろうとしていることとやっていることのギャップがどのくらいあるかが具体的に把握できます。

ここまでだとわかっただけでその先には進めませんが、パッティングストローク分析の中で、理想のストロークに近づけるためにどのくらい自分が意識を変えたらいいかを試していただくことができます。ここが大事なところです。

例えばスクールに行ってどこが悪いかわかった、でも直し方が具体的にわからなければ直すことが難しくなります。ショットでもストロークでも人それぞれ直し方があり、それを伝える方法も色々です。時には練習グッズを使い、時にはその辺にあるものをうまく使ってそのイメージをつける練習をしていただくことができます。

ですので自分が知らなかった自分を知る、それに対処するための方法を体感できるパッティングストローク分析、是非皆さんにやっていただきたいと思っています。みなさんに「来て良かった」とか「もっと早く来ればよかった」と言っていただいています。

サービスを行っている ACTEK GOLF ではお得なキャンペーンをしています。こちらをご覧いただき、是非パッティングストローク分析をご予約ください!
http://www.actekgolf.com/campaign/index.html

  • コメント: 6

関連記事

  1. 長い距離が届かない

    2019.07.25

    長い距離が届かない

    先日長い距離がショートしてしまうという方がいらっしゃいました。ミドルパットのストロークは綺…

    長い距離が届かない
  2. デシャンボーのストロークを見て

    2020.06.22

    デシャンボーのストロークを見て

    デシャンボーが変身していてびっくりしましたね。肉体改造して人ってあんなにも変われるんだと思いました…

    デシャンボーのストロークを見て
  3. アッパー軌道で打つには

    2019.10.3

    アッパー軌道で打つには

    アッパー軌道、ハンドファースト、フェースの下目で打つ。これがボールの転がりを良くする条件で…

    アッパー軌道で打つには
  4. クロウグリップのメリットは?

    2018.07.26

    クロウグリップのメリットは?

    先日の全英オープンは久しぶりに面白かったですね。タイガー・ウッズが上位にいたので、いつもなら途中で寝…

    クロウグリップのメリットは?
  5. フェース素材とロフトの関係

    2019.07.5

    フェース素材とロフトの関係

    フェースの素材は打感に大きく影響を与えます。打感が柔らかい物は硬く感じるものに比べてボールがフェー…

    フェース素材とロフトの関係
  6. テークバックの始動

    2019.03.8

    テークバックの始動

    テークバックのきっかけはどうしているのか聞かれることがよくあります。パッティングストロークは…

    テークバックの始動
  7. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    2019.05.15

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    ずいぶん間が空いてしまいましたが、先日作ってみた ODYSSEY Stroke Lab 風のパター…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1
  8. 引きたい方向に引きにくくしてないか?

    2019.03.12

    引きたい方向に引きにくくしてないか?

    テークバックをしていきたい方向にどうもうまくあがらないという人が結構いらっしゃいます。それ…

    引きたい方向に引きにくくしてないか?
  9. 距離感が変わっってしまう要素

    2020.04.1

    距離感が変わっってしまう要素

    パターを変えたら距離感が合わなくなってしまったという話をよく聞きます。この距離感が変わって…

    距離感が変わっってしまう要素

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP