カテゴリー
パッティングストロークについて パッティング練習 ブログ全投稿

パットの動きはショットの動きとは違う

パットの動きとショットの動きが同じだと考えている人がなんとも多いですね。

色々考え方があっても良いと思いますが、あまりにも影響力がある人がそういう認識をしていることがあるのでそう言うのを見るととても残念になります。

パッティングで軌道が必ずインサイドインになることは以前お話ししました。でもこのインサイドインの軌道になる理由は背骨を中心として回りを体が回るショットの動きと同じだからなるわけではありません。

ショットは今言ったように前傾して背骨の周りを回るので、前傾なりにテークバックでは左肩が下がってフォワードスイングでは右肩が下がって回ります。

この回るというのがショットの動きです。一方パッティングでは背骨の周りを回ることはありません。

ショルダーストロークとは左の方が下の方向に向かって下がる(その時若干前に出ることはあると思っています)、そしてフォワードストロークでは右肩が下がることになります。

回転をしないので下半身を止めることができます。下半身を止めて左肩を下げて頭は止めていられますか?それはできない動きです。

ですのでテークバックの時にはわずかに頭は左に傾きます。そしてフォローで右肩が下がった時には頭は右に傾きます。

この動きにならなければショルダーストロークは成り立たないということを覚えておいてください。ですので、パッティングストロークとショットの動きは全く違うものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。