カテゴリー
その他 パッティングストロークについて パッティング練習 ブログ全投稿

よくオンラインって言いますけど…

よく「オンラインだったのに惜しかったね…」って言いますけど、いつもそれって全然惜しくないって思うんです。

厳しい考え方かもしれませんが、ボールが止まった場所で惜しいパットだったのか?そうでなかったのか?を判断する考え方を紹介します。

まずよくある状況としては、例えばフックラインでカップの右手前に止まった…。これは確かにもう少し転がっていたらカップに入っていたような印象になります。

でも同じラインで距離が届いていたらカップの右横に止まっていたということになります。

ですので右手前に止まったボールはラインを厚く見過ぎた結果ということになります。もちろんスライスラインでも考え方は同じです。

ですので惜しいパットというのは打った場所とカップの中心を結んだライン上(カップの奥も)に止まったパットが惜しいパットです。

曲がり幅は合っていて距離感が合っていなかったのを惜しいパットと言うようにすると、ちょっとわかっている人みたいでいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。