カテゴリー
その他 パッティングストロークについて パッティング練習 ブログ全投稿

なぜアマラインに外れてしまうのか?

自分も昔そうでしたが、曲がるラインでアマラインに外れてしまうことが多くありました。

アマラインというのはカップの手前をボールが横切ることで、カップの先で横切るのはプロラインと言いますね。

アマラインに外れるということは、読みが薄かったということになります。「そんなにきれるの…?」なんて言葉をよく聞きます。

そうなりやすい時というのはやはりあって、傾斜が読みづらい場所から打つ時で、ボール後方から見るとその傾斜が見えにくい。

あとは芝目がある時もそうですね。よくいうのは山から順目とか、池に向かって順目なんていうのもそうです。

あともう一つ大事なのはグリーンのスピードです。速いグリーンは遅いグリーンより曲がり幅が大きくなります。

ということは物理的に速くなる下りラインも切れる幅が大きくなることになります。

こういう状況の時には少し読みを厚めにすることで対応すると良いと思います。あとは止まり際に大きく曲がってくるイメージを持って打つことも重要です。

ただもっと大事なのはそういうラインについたときにはあまり入ることを期待せずに、しっかり距離を合わせて次のパットを確実に入れることをきっちりやるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。