カテゴリー
パターのスペックについて パターの調整/カスタマイズ パッティングストロークについて ブログ全投稿

長さが合っていないとライ角を合わせてもダメ

ライ角の調整をしに来て下さる方はかなり増えてきているのですが、そもそも長さが合っていなくてライ角が合っていないと思っている方が多いです。

ボールを置く位置は人それぞれ慣れている位置があります。パッティングミラーを持っている方はきっと左目の下にボールが来るように構えていると思います。

そうなるとヘッドの位置は合っているけど手の位置が落ち着かないという場合は長さを疑うのが良いと思います。

アップライトすぎるからフラットにしたいという方にどんな構えをしているか見せてもらうと、ボールの位置がすごく遠くてトウが浮いてしまっています。

でも体から遠いからトウが浮いているだけで、短く持ってもらってだいたい目の下くらいになるように短く持ってもらうとライ角は丁度よくなります。

みなさん左目の下にボールがあるのが良いというのは知っていますので、そうなっていなかったことがわかればライ角の調整ではなく、長さの調整をするということに同意してもらえます。

ただ左目の下にボールがあれば入る確率が高くなるわけではないので、絶対にそうしなければいけないということでもありません。

ですが遠すぎる、近すぎるはクラブの軌道にも影響を与えますので、極端なのはやはり直した方が良いと思います。

ということでライ角調整も言われた通りしますが、いつもどんな構えをしているかを確認して調整をするようにしています。

ライ角やロフト角の調整に興味がある方は info@puttinglabo.com までメールでお問い合わせいただくか 03-5823-4860 までお電話にてお問い合わせください。下記のフォームからでもお問い合わせいただけます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。