カテゴリー
その他 パッティングストロークについて ブログ全投稿

先生がいたら入る確率が格段に上がる

少し前にお話ししましたが、なんだか今日はパットが入るなと思った日は先生があるんですよね。

先生がいるっていうのはやはりパットが入る確率が上がります。

ということは曲がる意目地がかなり具体的になるっていうことなんだと思います。

一番良い先生は同じ方向から同じラインだったり、カップを挟んで反対側というのも結構参考になって具体的なイメージがわくようになります。

ということはカップに近い人はより入る確率が上がるっていうことなんですよね。遠くにグリーンオンすると得なことは一つもないっていうことです。

自分のホームコースのプラスハンデの方もショットが良いから、いつもカップの近くにいて他の3人のパットを見てから打っているから入るんですね。

というわけで2番目や3番目に打つとしても最初に打つのでなければ、ある程度の時間はあります。その時間を有効に使うべきなんです。

人が打っているのを見る、その結果を分析する、そして自分の打ち出したい方向を決める。

そこで一つ気をつけたいのはその先生が本当に参考になる先生かということです。どういうことかというと、ちゃんと芯に当たっての転がりなのか?変な回転がかかるような打ち方をしていないか?を見極める必要があります。

運悪く同じ方向の同じラインでそういう人が打った時にはどうするかを決めておくのが良いですね。私は見なかったことにすると決めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。