カテゴリー
パターのスペックについて パターの調整/カスタマイズ パッティングストロークについて パッティング練習 ブログ全投稿

ロフトの違いによる転がりの違い

先日購入したマットで実験してみました。

今回の実験でまずはロフト2度と6度のパターで同じように打った場合の転がりの比較してみました。

上のラインがロフト2度、下がロフト6度です。明らかに2度の転がりが綺麗ですね。

今回は同じパターを調整してほぼハンドファースト無しで打ちましたので、インパクトロフトも調整したロフトに限りなく近いと思います。

これにハンドファーストやハンドレイトが入るとまた結果は変わります。

3.5度のパターを少しハンドファーストにして打つと上のような転がりが得られることになります。

次は普通の3.5度のロフトでダウンブローに当たった時の転がりですが、こんな感じになります。

これは相当ひどいですね。ボールが跳ねてしまっています。でもロフト6度のパターで同じようにダウンブローにあたればこうなります。

ということで人それぞれ最適なロフトがあるということです。大事なのはライ角だけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。