カテゴリー
その他 パッティングストロークについて ブログ全投稿

最近よく入る…でも冷静に考えたら…

最近絶対に入れたい距離のパットが良く入っているような気がします。

1m以内はもちろんですが、1.5m前後の距離が入ってくれると本当にスコアがまとまります。

で、なんで最近良くパターが入っている感じがするのか?先日話した入れたいと思う気持ちが強くなっただけなのか?

色々考えてみるとやっとグリーンに乗ったという距離ではなくピンに近いところに乗る確率が増えているからではないか?と思っています。

近いところに乗るだけではもちろん入る確率は増えはしますが、急激に確率が上がるわけではありません。

よく考えてみたら最近自分が打つ前にパットを打つ人を見ている時間が長いような気がします。

そこから得られる情報が多いので、自分が思っているよりも曲がらないな、とかあんまり曲がらないんだなとかがわかるわけです。

もちろんたまには自分よりも距離が長いところから打っている人がいればそれは一番参考になりますよね。

こうやってショットが良くなってきたことによってパットが良くなってきてるのだと思います。

ということは入らないときは読めていないっていうことですね。色々な情報から曲がり幅が推測できれば入れられるということであれば、打ち出し方向は思っている方向に出せているということになります。

少し自信を持っても良いのですが、次は自分だけでもラインを(曲がり幅を)読める能力を磨かなければなりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。