パターを吊って構えたいという方がよくいるのですが、それってやりたいと思っているヘッドの動きにすごく関係があると思うんです。

その動きは「ヘッドを真っ直ぐに引いて真っ直ぐに出す」動きです。

これをやろうとすると手の位置が低くなるとやりにくく、手の位置が高くなるとやり易くなります。

これが前傾が浅い状態でやるならしょうがないのですが、前傾を深くして吊りたいということになるとパターの長さは32インチ以下にしないとできなかったりします。

何度も言いますが、パターヘッドは真っ直ぐ真っすぐに動かすのはお勧めしません。

5角形にして前傾を深くして肘で動かせれば動かせないことはありませんが、この動きでは距離感も出ないですし長い距離も打ちにくいですよね。

前傾が浅くてアップライトにしたいというのはありだとは思いますが、ヘッドを真っ直ぐ真っすぐに動かしやすいからアップライトにしたいは、ちょっと考えなおしていただくことがあります。

それと吊って構えると手首が伸びてしまい、その形ではパターヘッドの重みで手首が動かされてしまいます。

手首が動いてしまえばフェースの動きの再現性が低くなってしまうのは容易に想像できると思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パッティングが上手そうに見える人

    2019.02.28

    パッティングが上手そうに見える人

    パッティングストローク分析をしていてこの人は上手そうだなと思うことが結構あります。フリーで…

    パッティングが上手そうに見える人
  2. アッパー軌道の間違った認識

    2019.04.15

    アッパー軌道の間違った認識

    パッティングストローク分析に来ていただいた方に質問することがあります。それは自分が考える理…

    アッパー軌道の間違った認識
  3. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる
  4. センターシャフトってなかなか

    2021.03.15

    センターシャフトってなかなか

    センターシャフトのパターは色々見てきましたが、実際にラウンドで使ったことはありません。先日…

    センターシャフトってなかなか
  5. フェースローテーションはするものではありません 2/2

    2018.07.18

    フェースローテーションはするものではありません 2/2

    先日はフェースバランスだからローテーションが少なくなって、L字タイプだからローテーションが多くなるの…

    フェースローテーションはするものではありません 2/2
  6. フェースの下で当てる練習

    2018.12.3

    フェースの下で当てる練習

    今日はフェースの下で当てる練習の仕方を紹介します。用意するものは割りばしと両面テープ…

    フェースの下で当てる練習
  7. 真っ直ぐに打とうという意識が…

    2019.10.28

    真っ直ぐに打とうという意識が…

    最近ストローク分析をしていて感じることです。自分もそうだったのですが、インパクトでフェース…

    真っ直ぐに打とうという意識が…
  8. 知っていればできることも

    2020.10.27

    知っていればできることも

    パッティングカウンセリングにいらっしゃる方で、かなり色々な知識を持っている方が結構います。…

    知っていればできることも
  9. 軽いパターは打てる

    2020.10.16

    軽いパターは打てる

    先日ヘッド重量335gのパターを使った時の感想です。重いヘッドの良さはやはりストロークが安…

    軽いパターは打てる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP