今日も自分が持っているパターの紹介です。

このパターちょっと物語があります。このパターを手に入れたのは2000年です。Cameronさんはこのパター以降はこの PSM を作らないと言っていました。

PSM が何の略かというと、Payne Stewart Model です。あのペイン・スチュアートのために作られたモデルです。

特徴はロングネックのフェースバランスで、サイトラインは2本というのが特徴です。

1998年当時は黒色酸化被膜(ガンブルー)や、Oil Can Finish のパターが多かった Cameron さんのパターを錆びさせてしまう方が続出していました。

そこで ANSERFREAK でパターの再メッキを個人で受け付けを始めてやっていました。

この数年後にタイトリスト(Scotty Cameron)もリフィニッシュのサービスを始めるのですが、日本で私がそれを始めていることを知って、ある日突然自宅に FAX が届きました。

その内容を要約すると、「あなたは私のパターのファンであることを知っています。これからタイトリストでリフィニッシュのサービスを始めようと思っているので、今やっているサービスを停止することを検討してくれないか?」という内容でした。

そしてこう付け加えられていました。「それを受け入れてくれたら、あなたに私からの友達証としてパターを送る」とのことでした。

こうして再メッキのサービスをやめ、このパターが送られてきたわけです。

その後 Cameron さんに再開した時にこのパターを持ってその話をしたら覚えてくれていて、「君には感謝している」と言ってもらいました。

そんないきさつのある大事な宝物です。でも機会があったらラウンドでガンガン使いたいと思っています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. クロウグリップのメリットは?

    2018.07.26

    クロウグリップのメリットは?

    先日の全英オープンは久しぶりに面白かったですね。タイガー・ウッズが上位にいたので、いつもなら途中で寝…

    クロウグリップのメリットは?
  2. 高麗グリーンで気をつけていること

    2019.08.13

    高麗グリーンで気をつけていること

    最近はあまり見かけなくなりましたが、古いコースだと高麗グリーンがメイングリーンと言うところも結構あ…

    高麗グリーンで気をつけていること
  3. 「無意識のパッティング」 その4

    2020.04.16

    「無意識のパッティング」 その4

    今日で最後の「無意識のパッティング」の話です。今日は自分自身も少し考え方に影響を受けた重要な話で…

    「無意識のパッティング」 その4
  4. 悪いイメージは忘れる

    2020.04.30

    悪いイメージは忘れる

    最近こんな話をしていることが多いですが、パッティングはもちろんメカニカルな部分も大事ではあります…

    悪いイメージは忘れる
  5. 自信が無い状態でパッティングすると

    2021.03.17

    自信が無い状態でパッティングすると

    1m以内のパットでもいや~な感じがする時ってありますよね。50cmとか70cmとかであれば…

    自信が無い状態でパッティングすると
  6. ボールの赤道より上を打つ?

    2018.11.29

    ボールの赤道より上を打つ?

    最近ボールの転がりをよくするとかで、「赤道より上をフェースの下(リーディングエッジ)で打つ」なんて言…

    ボールの赤道より上を打つ?
  7. グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    2018.08.8

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    旗竿をどこに置くか?結構考えることがあります。キャディさんがいれば持ってくれるので考える必要はありま…

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所
  8. ずっとやらないことでリセットも

    2021.02.18

    ずっとやらないことでリセットも

    しばらくラウンドをしていない状況で、久しぶりにラウンドしたのですがパッティングの調子は結構良かった…

    ずっとやらないことでリセットも
  9. 癖のあるストロークにはメリットもある

    2022.01.12

    癖のあるストロークにはメリットもある

    誰が見ても変わった打ち方に見える人の方が、優れている部分が多いことがあります。変わった打ち…

    癖のあるストロークにはメリットもある

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP