少し練習グリーンで使ってみた状態でいきなりラウンドで使ってみました。

使ったのは数ホールだけだったのですが、どんな感じだったかレポートしたいと思います。

数今回のテストの状況が真冬の凍ったグリーン、転がりがよくわからない状況での使用だったので、あまり良いテストになっていないと思われます。

でも買ったら使ってみたくなっちゃいますよね(笑)。

練習グリーンで感じたのは打感が変わっているなという感じです。あのフェースの高さを4等分していて、その面がそれぞれロフトが違う…。

これってその境目はどうなっているんだろうって考えちゃいますよね。角に当たったら打感は柔らかくなりそうですし、そうなると効果が得られない感じもします。

上下の打点の再現性が高い人には同じ面で当たる可能性が高いかもしれませんが、数ミリの幅の面にどのくらいの精度で当てられるのか…。

それもあって少しこの打点の違いによる打感の違いに違和感を覚えたわけです。

結果は悪くなかったので使い続ければ慣れてくるのだろうと思いますが、それを乗り越えるのが少し時間がかかりそうです。

わざと上目で打ったり下目で打ったりしましたが、転がりはやはり下目の低ロフトのところで当たった時の方が転がりが良かった感じがします。

もしかしたらアッパーで打てる人は下目で、ダウンブローで打つ人は上目で当たることを前提に作られたテクノロジーなのかもしれませんね。

  • コメント: 0

関連記事

  1. カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2

    2018.06.20

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2

    今日は実際のデータをお見せします。その前にまずは前回の3パターンを図にして、カップの中心からのずれが…

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2
  2. アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

    2019.07.17

    アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

    アドレスで真っ直ぐに構えられない(フェースを向けられない)人が結構います。そこだけを部分的…

    アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない
  3. マレット型とピン型の違い

    2020.07.30

    マレット型とピン型の違い

    普段ピン型を使っている私ですが、ANSERFREAK の方でレポートした通り、エースのピン型に悪い…

    マレット型とピン型の違い
  4. PING コード入りグリップ

    2021.04.20

    PING コード入りグリップ

    PING のラバーグリップをこよなく愛用し続けている私ですが、もう少し太くても良いなと思う時は下巻…

    PING コード入りグリップ
  5. ショルダーストロークができれば

    2020.08.26

    ショルダーストロークができれば

    パッティングストロークの軌道はこのショルダーストロークができていると自然にインサイドインの軌道にな…

    ショルダーストロークができれば
  6. 長い距離が届かない

    2019.07.25

    長い距離が届かない

    先日長い距離がショートしてしまうという方がいらっしゃいました。ミドルパットのストロークは綺…

    長い距離が届かない
  7. グリップの向きがおかしいと

    2019.01.30

    グリップの向きがおかしいと

    グリップ交換を自分でされる方がたまにいらっしゃいます。そう言う方は普通のクラブであればバックライン…

    グリップの向きがおかしいと
  8. アドレスでのハンドファーストの度合い

    2019.03.1

    アドレスでのハンドファーストの度合い

    パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります…

    アドレスでのハンドファーストの度合い
  9. ストローク中は頭は微妙に動くもの

    2021.09.6

    ストローク中は頭は微妙に動くもの

    ストローク中に頭が動かないように意識しているという方が結構いらっしゃいます。これを意識しす…

    ストローク中は頭は微妙に動くもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP