先日パッティングカウンセリングにいらしてくださったSさんに Scotty Cameron CIRCLE-T パターを見せていただきました。

今回のヘッドは今販売中の Special Select と同じ形状の NEWPORT 2 です。

で、市販品と違うのはサイトラインが無くサイトドットになっているということ。

それでこのドットってどこに入っているんだろうと思って定規で簡単に計らせていただきました。

ブレードの長さに対する場所は計れなかったのですが、キャビティ幅に対する位置は計ることができました。

計ってみたいと思ったきっかけは、「あれ?ちょっとヒール寄りにあるかな?」と思ったからです。

で計ってみたら思った通りヒール側から26mm、トウ側から27.5mmくらいのところにあり、微妙にヒール寄りに寄っていました。

これは多分ヘッドの重心位置に入れてあるのだと思われます。

これを考えるとブレードのセンターに入れてあるサイトラインはやはりセンターにないのは Cameron さんも良いとは思っていないのかもしれませんね。

なにか考えたら Cameron さんならなにかしらアイデアが出てくるはずなんですけどね。

  • コメント: 0

関連記事

  1. PING のグリップを握りやすく 2

    2020.11.30

    PING のグリップを握りやすく 2

    今回のテーマは左手部分の持ちやすさアップです。左手部分はクロスハンドでない限りグリップの上…

    PING のグリップを握りやすく 2
  2. アッパー軌道で打つには

    2019.10.3

    アッパー軌道で打つには

    アッパー軌道、ハンドファースト、フェースの下目で打つ。これがボールの転がりを良くする条件で…

    アッパー軌道で打つには
  3. テークバックで開かないイメージ

    2020.09.3

    テークバックで開かないイメージ

    最近取り入れてパッティングが復活しつつあります。そのイメージが表題の「テークバックで開かな…

    テークバックで開かないイメージ
  4. 柔らかいグリップが合うタイプの人

    2019.05.27

    柔らかいグリップが合うタイプの人

    昨日は柔らかいグリップが合わない人の話をしたので、今日は逆に柔らかいグリップが合う人の話をします。…

    柔らかいグリップが合うタイプの人
  5. インパクトがアドレスの再現になっているか?

    2021.08.18

    インパクトがアドレスの再現になっているか?

    インパクトがアドレス時のフェースの向きの再現になっているか?はストロークの安定度を計るためには重要…

    インパクトがアドレスの再現になっているか?
  6. フェースの上の方で打たない意識

    2019.07.2

    フェースの上の方で打たない意識

    パッティングストローク分析に来ていただき、フェース面のどのあたりで打っているかを見ていただくと色々…

    フェースの上の方で打たない意識
  7. 素振り通りに打てない

    2020.04.3

    素振り通りに打てない

    ストローク分析をしていると、素振りは綺麗に振れるのにいざボールを打つとなるとすっかり変わってしま…

    素振り通りに打てない
  8. PING(ピン)型は難しくない

    2019.08.14

    PING(ピン)型は難しくない

    PING型というと、ANSER や ANSER 2 が代表的なモデルですが、それらのデザインを踏襲…

    PING(ピン)型は難しくない
  9. インパクトしたければ軽めのヘッド

    2021.05.13

    インパクトしたければ軽めのヘッド

    パッティング時のインパクトのイメージに寄って使いやすいパターは変わってくると思っています。…

    インパクトしたければ軽めのヘッド

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP