303ステンレスってパターが好きな人なら聞いたことがある名前だと思います。

ステンレスの種類は色々あって、303以外には304、316等があります。

303ステンレスの特徴は切削性の良さです。切削というのは今パターを作るときの製法で一番多いのがCNC加工です。

ブロックから形状を削り出す方法で、ステンレスのブロックを固定してそこにエンドミルという刃物で設計通りの形状を削り出します。

1本のパターヘッドを作るのに数十ものエンドミルを使って削っていきます。その際に問題になるのがいかに効率よく削るかで、それを効率良くするのが難しいです。

そして時間がかかれば刃物は削れなくなってきますので、どんどん消耗してしまいます。その消耗を遅らせるのが切削性の良さなんです。

304ステンレスは硬いことで知られているステンレスですが、これを削ると切削に時間がかかってしまうし刃物も消耗が激しくなります。

ですので303ステンレスは削り出しパターの代表的な素材になったわけです。

でもその303ステンレスも不向きなこともあります。それはまた次の機会に…。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  2. ちょっと変わったグリップ “Garsen”

    2021.05.11

    ちょっと変わったグリップ “Garsen”

    先日気分転換で購入した Scotty Cameron GoLo s5 についていたグリップが変わっ…

    ちょっと変わったグリップ “Garsen”
  3. 練習は同じ所から何度も打たない

    2020.10.29

    練習は同じ所から何度も打たない

    ラウンドする前の練習グリーンでほとんどの方が2球か3球持って打っていますよね。あれってあん…

    練習は同じ所から何度も打たない
  4. STABILITY Shaft 実験5

    2019.06.26

    STABILITY Shaft 実験5

    STABILITY Shaft 装着のパターと、通常のシャフトを装着したパターの比較を SAM P…

    STABILITY Shaft 実験5
  5. ボールを見ないで打つ

    2021.02.11

    ボールを見ないで打つ

    アドレスで打ち出い方向にフェース面を合わせたらボールを見ないでカップを見て打つ...っていうのは聞…

    ボールを見ないで打つ
  6. どうストロークをしようと思っているかで使いやすいパターは決まる

    2021.09.3

    どうストロークをしようと思っているかで使いやすいパターは決まる

    こうやってテークバックして、こうやってフォローを出して...なんて考えている人には使いやすいパター…

    どうストロークをしようと思っているかで使いやすいパターは決まる
  7. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    2019.05.15

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    ずいぶん間が空いてしまいましたが、先日作ってみた ODYSSEY Stroke Lab 風のパター…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1
  8. トウバランスのパターを試したくて

    2019.12.23

    トウバランスのパターを試したくて

    ANSERFREAK の方ではレポートしましたが、先日久しぶりにパターを購入しました。購入…

    トウバランスのパターを試したくて
  9. アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

    2019.07.17

    アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

    アドレスで真っ直ぐに構えられない(フェースを向けられない)人が結構います。そこだけを部分的…

    アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP