前回のラウンドではセンターシャフトを使ってすごく良い感じで回れたのですが、今回はそのラウンドから1ヶ月以上あいてしまったので、PING型を使ってみました。

1.5ラウンドして最初のハーフはPING型、次のハーフでセンターシャフト、そして最後のハーフはまたPING型にしました。

そこで感じたことを書いておきます。

まず最初のハーフはすごく良い感じで、思った方向に打ち出せました。距離感もしっかりあっていた感じです。

センターシャフトを使った真ん中のハーフですが、これはなんとなく打出方向が合わない感じになってしまいました。距離感は問題なし。

最後にまたPING型に戻して良い感じになりました。これはすっかり良いイメージになりそうです。

最初のハーフのPING型は Scotty Cameron GSS NEWPORT で、最後のハーフは TRUECoG CUPRUM を使ったのですが、ヘッド重量が20gくらい違うのですが、同じように良い感じで打つことができました。

これでそろそろリハビリを終えてエースパターを戻しても良さそうですね。

やはりヘッドの真ん中で打てる TRUECoG はヘッドのブレを感じなくて最高の感触です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために
  2. TaylorMade TRUSS パターって

    2020.07.21

    TaylorMade TRUSS パターって

    パターのネックが棒ではなくて、平面になった TRUSS パターが話題ですね。自分は見かけか…

    TaylorMade TRUSS パターって
  3. 肘は伸ばすのか曲げるのか?

    2018.12.18

    肘は伸ばすのか曲げるのか?

    パッティングのアドレスで肘を伸ばした方がいいのか、曲げた方がいいのかをよく聞かれます。私の答…

    肘は伸ばすのか曲げるのか?
  4. 外したパットの責任は

    2020.10.30

    外したパットの責任は

    昨日の続きの話な感じの話です。同じところから何回も打つのは良い練習ではないという話をしまし…

    外したパットの責任は
  5. コースで打つ方が打感が良い

    2019.06.25

    コースで打つ方が打感が良い

    自宅のパッティングマットで打っている時と、グリーン上で打っている時の感覚が違うということが結構あり…

    コースで打つ方が打感が良い
  6. 過去のストロークを引きずったストローク

    2018.12.20

    過去のストロークを引きずったストローク

    ショットでも同じなのですが、直前のミスの記憶が次のショットやパットに影響を与えることがあります。…

    過去のストロークを引きずったストローク
  7. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々
  8. できているはずができてない

    2020.09.15

    できているはずができてない

    ここ数年でショットやストロークの分析はかなり詳しくできるようになってきました。そのおかげで…

    できているはずができてない
  9. フェースローテーションはする?

    2020.08.24

    フェースローテーションはする?

    フェースローテーションについてお話ししたいと思います。フェースローテーションはどうやってす…

    フェースローテーションはする?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP