先日お客様にオーダーいただいた KBS のパター用シャフトの CT Tour。

最初径が合わず、残ってしまった .355 Tip のシャフトを自分のパターに入れてみました。

たまに使っている Cameron の GSS NEWPORT には PING のパターから抜いた黒いシャフトを入れて使っていますが、この CT Tour はマットブラック仕様。

この画像だと結構黒く見えますが少し油分がつくと結構黒くなります

色的にはマットブラックと書かれていますが、グレーに近い感じ(真っ黒ではない)です。NS PRO MODUS 115 の限定カラーのような色です。

塗装ではない感じなので剥がれてしまうことは無さそうなイメージです。

シャフトの重量はカット前で125.9gなので、それほど重いシャフトではありません。

今回試したのは TRUECoG CUPRUM で最近短くしてみようと思っていたのでこれをいれてみました。

ヘッド重量が365gあるので短くても結構重みがあります。その結果(詳細スペック)に関してはまた後日レポートします。

色がついているところとついていないところの画像です

打ってみるとかなりシャフトの硬さを感じますね。硬い素材のフェースのパターよりも柔らかめのパターに入れる方があっているかもしれません。

しっかり打った時の音を求める方にはステンレスヘッドで使うのも良いと思います。なかなか面白いシャフトが試せてよかったです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. スタンスの向きをチェック

    2019.05.8

    スタンスの向きをチェック

    昨日は足裏全体で立つという話をしました。正しく立てているという状況にはまだいくつか条件があります。…

    スタンスの向きをチェック
  2. フェースの向きが左に向きやすい人が真っ直ぐに向けるためには

    2021.07.29

    フェースの向きが左に向きやすい人が真っ直ぐに向けるためには

    ショートパットの時にフェースの向きが真っ直ぐに向かないと軌道でフェースの向きをカバーするのが難しく…

    フェースの向きが左に向きやすい人が真っ直ぐに向けるためには
  3. CAPTO 検証3 グリッププレッシャーの影響

    2020.04.24

    CAPTO 検証3 グリッププレッシャーの影響

    今日は再び戻って CAPTO での実験シリーズです。日頃からグリップはゆるゆるはダメでしっ…

    CAPTO 検証3 グリッププレッシャーの影響
  4. ショートパットを左に外しやすい

    2019.03.22

    ショートパットを左に外しやすい

    ショートパットを左に外す人は結構多いです。そのミスのよくある原因をお話しします。思い当たる…

    ショートパットを左に外しやすい
  5. 入れたいパットを入れるために必要なこと

    2019.05.20

    入れたいパットを入れるために必要なこと

    最近これは入れたいと思うパーパットが結構入ってくれています。なんでこうなっているか考えてみると、色…

    入れたいパットを入れるために必要なこと
  6. パッティング時のスタンス

    2021.06.24

    パッティング時のスタンス

    パッティングをするときのスタンスをどうしたらいいか聞かれることがよくあります。何かを実現し…

    パッティング時のスタンス
  7. ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?

    2020.03.24

    ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?

    ストローク中にフェースの向きをどう意識したらいいかという話によくなります。それは右手の手…

    ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?
  8. パターを打つ時に気をつけていること

    2020.11.16

    パターを打つ時に気をつけていること

    先日研修会で新しく入会した若者とラウンド後にパッティングの練習をしました。その練習をしなが…

    パターを打つ時に気をつけていること
  9. アッパー軌道で打つには

    2019.10.3

    アッパー軌道で打つには

    アッパー軌道、ハンドファースト、フェースの下目で打つ。これがボールの転がりを良くする条件で…

    アッパー軌道で打つには

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP