パッティングで普通のグリップで握っている方の場合一番シンプルな握り方はこんな風に考えています。

スクエアグリップというのは、グリップの横の面に両掌を合わせて握った形が基本になります。

その際の右手は右の手のひらがグリップの右横面に当たっていて、手の平の向きがフェース面の向きということになります。

これが一番シンプルな考え方だと思います。ボールをプッシュしやすい人は少し手の平というよりは親指の付け根がグリップの右横の面に当たります。

ショットで言うストロンググリップになります。こうなると右手を横から握る形になるので、フェースローテーションの動きがしにくくなります。

フェースローテーションは自分でするものではなく、動いている中で勝手になるものですが、その勝手になるものがならなくなってしまいます。

ですので、少し右に外しやすいという方は右手のグリップがどうなっているかをチェックしてみるとパッティングの修正に役立つかもしれません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ショートパットのミスの規則性

    2019.11.20

    ショートパットのミスの規則性

    ショートパットのミスには必ず規則性があると考えています。私も以前は右に外すことがほとんどで…

    ショートパットのミスの規則性
  2. PING型はカッコイイんだけど…

    2018.11.21

    PING型はカッコイイんだけど…

    パッティングストロークの分析にいらっしゃる方で結構多い話が、PING型はカッコイイんだけど...って…

    PING型はカッコイイんだけど…
  3. シャフトを重くすると… その2

    2018.11.1

    シャフトを重くすると… その2

    重いシャフトは軽いシャフトよりも硬くなる場合がほとんどです。硬くなるとヘッドの硬さの感じ方も変わって…

    シャフトを重くすると… その2
  4. パターが変わったときに気を付けること

    2018.10.5

    パターが変わったときに気を付けること

    先日久しぶりにエースパターではないパターを使ってみたのですが、距離感が合わず苦労しました。ヘ…

    パターが変わったときに気を付けること
  5. “パッティングラボ限定” TRUECoG SUS303 Special Black Version

    2018.07.20

    “パッティングラボ限定” TRUECoG SU…

    Putting Labo. では TRUECoG SUS303 のカスタムバージョンとして、ブラック…

    “パッティングラボ限定” TRUECoG SUS303 Special Black Version
  6. 形よりはむしろ打感

    2021.03.29

    形よりはむしろ打感

    あまりどのパターを使いたいという感覚が無い方もたまにいらっしゃいます。そういう方でもよく聞…

    形よりはむしろ打感
  7. ストローク中に止める場所

    2019.12.11

    ストローク中に止める場所

    最近体がぶれないためにどこを動かさない意識でやるのが良いか色々考えています。ただ止めてしま…

    ストローク中に止める場所
  8. スタンスの向きをチェック

    2019.05.8

    スタンスの向きをチェック

    昨日は足裏全体で立つという話をしました。正しく立てているという状況にはまだいくつか条件があります。…

    スタンスの向きをチェック
  9. ウェイトの交換で重心は動くのか?

    2019.02.5

    ウェイトの交換で重心は動くのか?

    Scotty Cameron のパターに使えるウェイトを以前購入してあったのでちょっと面白い実験を…

    ウェイトの交換で重心は動くのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP