雨の日のグリーンは晴れている時と全く違う状況になります。

ボールが前に行く力が弱くなると急激に転がりが悪くなりブレーキをかけたようにボールが止まります。

この感じというのは徐々に慣れていくということも難しく、特に上りや下りでの感覚はかなりつかみにくいです。

ですので雨の日のパッティング練習は重要になってきます。これは打ち過ぎだろうという感覚で打たなければならない上りのライン。

これは下りだと思ってはいけない感覚で打たなければならない下りのライン…。

急ブレーキがかかることを考えて強めに直線的に打たなければならない平らなライン。

色々自分なりの感覚を練習グリーンでつかむことですね。これは雨に濡れながらでも感覚をつかんでスタートしたいものです。

パットだけではなくアプローチの感覚も雨で変わってきますので、練習はできなくてもパッティングの感覚を作っているときにイメージを作る必要がありますね。

雨の日のゴルフの可能性がある方は雨の日のゴルフでしかできない経験をできると思って喜びながら雨の日ゴルフをしたいものです。

雨の日はスコアがのびにくくなりますので、耐えられる人が上位に来れる可能性が増します。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ソール面にも角度があります

    2019.10.10

    ソール面にも角度があります

    パターの種類やそのパターのコンセプトによって違いますが、パターのソール面には角度があります。…

    ソール面にも角度があります
  2. ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    2018.10.16

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    私の場合ストローク軌道が悪い状態になるとインに引きすぎてしまいます。インに引いて主に起こるのはプッシ…

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法
  3. 外したパットの責任は

    2020.10.30

    外したパットの責任は

    昨日の続きの話な感じの話です。同じところから何回も打つのは良い練習ではないという話をしまし…

    外したパットの責任は
  4. パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    2018.07.31

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    最近パター用のカーボンシャフトが増えてきましたね。大手シャフトメーカーはもちろん、パターを作っている…

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?
  5. アームロックパターにカスタム

    2020.12.1

    アームロックパターにカスタム

    ここのところ何本かのパターのアームロックパター化の依頼を受けたのでちょっと紹介します。デシ…

    アームロックパターにカスタム
  6. カップに届かない…

    2021.05.7

    カップに届かない…

    カップまで届かないということがラウンド中に何回かあります。こういう時に限ってラインに乗って…

    カップに届かない…
  7. 重いヘッドが本当にいいのか?

    2019.07.4

    重いヘッドが本当にいいのか?

    最近はヘッド重量が360gオーバーというパターが増えてきました。最初はマレットタイプだけだ…

    重いヘッドが本当にいいのか?
  8. テークバックの方向

    2021.02.24

    テークバックの方向

    テークバックの方向を意識している方は結構いらっしゃいますが、そこは意識しないようにしているという方…

    テークバックの方向
  9. 旗を抜かずにプレーして

    2019.04.24

    旗を抜かずにプレーして

    みなさんは旗をさしたままプレーしてみましたか?それほど強い感じではなく旗竿に触れれば、確か…

    旗を抜かずにプレーして

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP