久しぶりですが最近メッキ及びカラーカスタムをした Scotty Cameron のパターを紹介します。

今回カスタムしたのは Studio Style Newport 2 と KOMBI です。

Studio Style Newport 2 はまず小傷が目立ったので、傷消しの作業をした後にサンドブラストで全体の表面の状態を均一になるようにしました。

そしてステンレス無垢の色に合わせる色は濃いグレーと白。Studio Style は GSS インサートが入っていてその周りに白い色が入っています。

なので今回白を使ったのはこのインサートの枠と、サイトライン、そしてソール面のモデル名(NEWPORT 2)の3ヵ所。

それ以外に色を入れるところは全てマットな濃いグレーにしました。かっこよくできました。

そしてもう一本は KOMBI ですが、KOMBI のヘッドはアルミ製なので、テフロンブラックにしました。

モデルとなったパターは持ち主がエースで使う KOMBI TOUR で、その色に合わせて色入れもしました。こちらはサブで使う予定とのことでした。


ご覧の通りちょっと雰囲気が変わるとまた愛着がわきますよね。色入れの変更だけでも面白いですよ。

これまでの作品集はこちらをご覧ください。
https://www.puttinglabo.com/?p=414

  • コメント: 0

関連記事

  1. ショットの縮図のパッティング

    2019.03.20

    ショットの縮図のパッティング

    パッティングストロークの分析での最初の打ちながらのヒアリングで、ショットについてのことを聞くことが…

    ショットの縮図のパッティング
  2. パターのバランス

    2020.10.2

    パターのバランス

    パターヘッドの重量は以前は結構カタログに書いているメーカーがあったのですが、最近出ているメーカーは…

    パターのバランス
  3. なんか構えにくい…の原因は

    2020.02.21

    なんか構えにくい…の原因は

    こっちのパターは構えやすいのにこっちのパターは同じ形なのに構えにくい...という相談をよく受けま…

    なんか構えにくい…の原因は
  4. 自信を持って打つということ

    2020.05.21

    自信を持って打つということ

    パターは自信を持って打たなければならないっていう話はよく聞くと思います。この自信を持ってというのは…

    自信を持って打つということ
  5. ボールがつかまりすぎる原因

    2020.01.14

    ボールがつかまりすぎる原因

    どうしても思ったより左に行ってしまうというときに考えるべきことがあります。一つはフェース…

    ボールがつかまりすぎる原因
  6. 重いヘッドの方が安定しやすい

    2019.04.18

    重いヘッドの方が安定しやすい

    ここ10年くらいでパターのヘッド重量は20g以上重くなっています。320g程度のヘッド重量…

    重いヘッドの方が安定しやすい
  7. テークバックは引くのではない

    2021.03.19

    テークバックは引くのではない

    テークバックのイメージをお聞きすると「真っ直ぐに引く」と答える方がほとんどです。中には「インに引く…

    テークバックは引くのではない
  8. 自宅での効果的な練習 その1

    2019.01.17

    自宅での効果的な練習 その1

    自宅でパッティングも練習を効果的にする方法の一つ目です。自宅にパターマットがあるという方は結…

    自宅での効果的な練習 その1
  9. フェース素材の違いによるロフト調整

    2018.09.25

    フェース素材の違いによるロフト調整

    パターのロフト調整をする際に考慮していることがあります。ロフトはボールをつかまえるために必要です。ボ…

    フェース素材の違いによるロフト調整

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP