パターの性能を話す時に慣性モーメントという話が出てきます。

慣性モーメントは物理の話なので、物理って聞いただけで嫌になる人も多いと思います。結局わかりやすく言うとその数値が大きいほど易しいということです。

慣性モーメントに大きく影響を与えるのは、重量とか形状があります。

ボールを真っ直ぐに飛ばすための物理的な性能が高いかどうかの話ということになります。

なので PING型 よりも大型マレットの方が慣性モーメントは大きくなります。また同じヘッドでもヘッド重量が大きい方が慣性モーメントは大きくなります。

ただこの数値だけでは自分にとって打ちやすく易しくなるかは、ストロークのやり方によって感じ方が変わるので、慣性モーメントが大きいことが誰にとっても打ちやすく感じるものではないということは覚えておいてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. マレットヘッドで ARMLOCK

    2021.02.17

    マレットヘッドで ARMLOCK

    先日の WRISTLOCK(リストロック) パターはそのうちラウンドで使ってみますが、その前にやは…

    マレットヘッドで ARMLOCK
  2. 自宅での効果的な練習 その1

    2019.01.17

    自宅での効果的な練習 その1

    自宅でパッティングも練習を効果的にする方法の一つ目です。自宅にパターマットがあるという方は結…

    自宅での効果的な練習 その1
  3. ミドルパット vs ショートパット 1/2

    2018.05.30

    ミドルパット vs ショートパット 1/2

    短いパットを外すっていやですよね...。せっかく250 Yardを飛ばしても、50cmを外してしまう…

    ミドルパット vs ショートパット 1/2
  4. 実験用グリップは「TOUR SNSR」

    2019.04.4

    実験用グリップは「TOUR SNSR」

    昨日の実験用シャフトに続いて実験に使うグリップはこれに決めました。Golf Pride T…

    実験用グリップは「TOUR SNSR」
  5. 気になっていたパターグリップ

    2020.04.8

    気になっていたパターグリップ

    少し前から気になっていたパターグリップが入荷しました。そのグリップは LAMKIN の …

    気になっていたパターグリップ
  6. PING のグリップを握りやすく 2

    2020.11.30

    PING のグリップを握りやすく 2

    今回のテーマは左手部分の持ちやすさアップです。左手部分はクロスハンドでない限りグリップの上…

    PING のグリップを握りやすく 2
  7. テークバックで地面に引っかかる

    2019.10.9

    テークバックで地面に引っかかる

    昨日に引き続きテークバックでのトラブルについてです。昨日のテークバックで揺れるという人と同…

    テークバックで地面に引っかかる
  8. CAPTO でデータチェック

    2020.04.20

    CAPTO でデータチェック

    自粛で時間がある間に CAPTO で色々な打ち方のデータを取ってみる予定です。今考えている…

    CAPTO でデータチェック
  9. 曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    2018.07.23

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます…

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP