1m前後のショートパットでどこからカップインしたかで結構精神状態が変わることがあります。

真っ直ぐ狙って打ったのに右カップからギリギリ入ったり、カップの縁から回るように入ったり…。

状況は色々ありますがこの記憶が次のショートパットに影響を与えます。

右から入った時は「さっきは少し押し出したから次はしっかりフェースを閉じる意識で打とう」と思うわけです。

そうすると今度は意識しすぎて左から入ったり…。こうなるともう訳が分からなくなってしまいますね。

こうなった時に信じられるのは “どうやって打とう” という意識をなくすことです。

そうなるとやはり信じられるのは体で打つことなんだと思います。

こんな感じに陥ってしまった時は手で打つのではなくとにかくフェースの向きを合わせたら何も考えず無意識の中で体を動かしてストロークすることだけを考えてみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 距離感が変わっってしまう要素

    2020.04.1

    距離感が変わっってしまう要素

    パターを変えたら距離感が合わなくなってしまったという話をよく聞きます。この距離感が変わって…

    距離感が変わっってしまう要素
  2. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  3. Marius Filmalter 氏の貴重な情報

    2020.04.17

    Marius Filmalter 氏の貴重な情報

    先日発売になった Choice の記事を読んでいて面白いデータが出ていたので紹介しておきます。…

    Marius Filmalter 氏の貴重な情報
  4. ボールを見ないで打ってみる

    2019.11.1

    ボールを見ないで打ってみる

    ストロークがぎこちなくなってしまっている人によくやってもらうことです。ボールを見ると別人の…

    ボールを見ないで打ってみる
  5. PING型はカッコイイけど難しい?

    2019.11.19

    PING型はカッコイイけど難しい?

    パッティングストロークの分析にいらして「本当はカッコイイPING型を使いたいんですけど難しい感じが…

    PING型はカッコイイけど難しい?
  6. 旗を抜かずにプレーして

    2019.04.24

    旗を抜かずにプレーして

    みなさんは旗をさしたままプレーしてみましたか?それほど強い感じではなく旗竿に触れれば、確か…

    旗を抜かずにプレーして
  7. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝
  8. 気になっていたパターグリップ

    2020.04.8

    気になっていたパターグリップ

    少し前から気になっていたパターグリップが入荷しました。そのグリップは LAMKIN の …

    気になっていたパターグリップ
  9. 過去のストロークを引きずったストローク

    2018.12.20

    過去のストロークを引きずったストローク

    ショットでも同じなのですが、直前のミスの記憶が次のショットやパットに影響を与えることがあります。…

    過去のストロークを引きずったストローク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP