先日組み立て終わった ARMLOCK パターですが、ラウンドで使うために最終調整をしました。

今回の調整は主にロフト調整です。

アームロックにすると手首の角度がちょっと辛くなるので、ロフトを増やす調整をしなければなりません。

ちなみにアームロックとかリストロックがなぜいいかを少し説明しておくと、手首の角度がストローク中に変わらないことです。

角度が変わらなければ正しいショルダーストロークができさえすればアドレスの再現が簡単にできます。

で、ロフトを徐々にアップしてどのくらいになったかというと、とりあえずこのくらいかなと思った角度が6度。

このロフトでもまだ手首の角度はちょっときつい感じです。ということで7度まで曲げてみました。

このロフトだと田首が厳しいということはほとんどなく、構えやすくなりました。

ロフトアップするということはハンドファーストにしても元々のロフトで構えられるということになります。

これってもしかしたら BACK STRYKE とか ASS KICKER だとあまり調整せずにできるかもしれませんね。

これらもアームロック化したくなってきました。

  • コメント: 0

関連記事

  1. グリップの握り方を再考

    2021.02.3

    グリップの握り方を再考

    パターのグリップってそういえば色々考えて決めたわけじゃないな...って最近あらためて思いました。…

    グリップの握り方を再考
  2. ライ角/ロフト角調整時の注意 その2

    2020.03.10

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その2

    昨日に続きライ角/ロフト角調整時の注意点についてお話しします。今日も実際によくある話から…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その2
  3. フェースが開いている/閉じている感じの正体

    2020.07.20

    フェースが開いている/閉じている感じの正体

    先日いらした方がフェースが開いてしまっていて構えにくいとおっしゃっていました。フェースが開…

    フェースが開いている/閉じている感じの正体
  4. 誰が言ってるんだろう?

    2019.02.12

    誰が言ってるんだろう?

    パッティングストローク分析にいらっしゃる方で、結構同じようなストロークをされる方がいます。…

    誰が言ってるんだろう?
  5. VAULT 2.0 DALE ANSER Customize 6

    2021.01.8

    VAULT 2.0 DALE ANSER Customize 6

    先日大まかな研磨が終わった VAULT 2.0 DALE ANSER のヘッドですが、さらに進めて…

    VAULT 2.0 DALE ANSER Customize 6
  6. ショートパットを確実に入れるために その1

    2019.11.5

    ショートパットを確実に入れるために その1

    ショートパットに悩んでいる方が結構いらっしゃいます。パッティングストローク分析ではショート…

    ショートパットを確実に入れるために その1
  7. 軟鉄素材とステンレス素材の違い

    2018.12.11

    軟鉄素材とステンレス素材の違い

    先日久しぶりに軟鉄ヘッドに銅メッキを施した duckbill golf Rocker Sole Re…

    軟鉄素材とステンレス素材の違い
  8. どうしてもできない時は

    2020.10.28

    どうしてもできない時は

    やろうと思って相当意識してもできる確率が上がらなかったり、できない場合はそれをずっとやろうとしても…

    どうしてもできない時は
  9. ロングパットで考えること

    2019.01.15

    ロングパットで考えること

    みなさんロングパットでどんなことを考えていますか?私はとにかく2パットで確実に行けるパットを…

    ロングパットで考えること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP