プッシュアウトや引っ掛けがどんなメカニズムで起きるか?今日はそんな話をしてみたいと思います。

1m以内のショートパットでこのミスが当然残念ですし、その後のプレーにも影響を及ぼします。

例えばプッシュアウトしてしまった後のショートパットはプッシュアウトしないように意識するのでそれが過剰になれば今度は引っ掛けになります。

当然この反対のパターンもありますよね。

常々言っているように曲がるラインも真っ直ぐのラインもアドレスでフェースの向きを合わせたら、ミドルパットを打つリズムと同じリズムで、同じ軌道を描くように普通に打つことが理想だと思っています。

ただ短い距離が外れるのは、重なって起こってはいけないことが起きているに起こる現象です。

フェースの向きが合っていて普通の軌道で打てていれば外す方が難しいということです。

例えば右カップの縁を狙って打つ時に、フェースをなんらかの方法で(方法は人それぞれ違います)目標に合わせます。

そこに向けた後は後は普通の打とうと思うだけです。ですが、右に打とうとするあまり軌道までインサイドアウトが強くなってしまう…。

これがショートパットのミスの正体です。右方向に向けているにもかかわらず、さらに右に打つ軌道になってしまうので外れてしまうわけです。

これがなくなればショートパットの確率は格段に上がるはずです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パターのバランスについて

    2019.11.27

    パターのバランスについて

    ゴルフクラブにバランス(スイングバランス)という概念が定着しています。このバランスという概…

    パターのバランスについて
  2. 再現性を上げるには?

    2020.02.5

    再現性を上げるには?

    パッティングストローク分析で重要視している項目は再現性(Consistency)です。こ…

    再現性を上げるには?
  3. プロでもある意識し過ぎ

    2018.10.29

    プロでもある意識し過ぎ

    先日スタジオに来たプロのパッティングストロークの分析をしながら色々なことがわかりました。まず…

    プロでもある意識し過ぎ
  4. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝
  5. ストローク軌道が作るフェースの向き

    2019.10.17

    ストローク軌道が作るフェースの向き

    昨日のパターンとは逆でストローク軌道が先に決まってそれに合わせてフェースの向きができている人もいま…

    ストローク軌道が作るフェースの向き
  6. アドレスで脇をしめる感じ

    2019.07.9

    アドレスで脇をしめる感じ

    アドレスした時の脇の感じはどんなイメージでやっているでしょう?皆さんに言うのは脇はしまって…

    アドレスで脇をしめる感じ
  7. パターの芯で打つことのメリット

    2019.10.21

    パターの芯で打つことのメリット

    パターの芯(重心位置)で打つとたくさんの良いことがあります。1.転がりが良い 2.左右にぶ…

    パターの芯で打つことのメリット
  8. アドレスでのハンドファーストの度合い

    2019.03.1

    アドレスでのハンドファーストの度合い

    パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります…

    アドレスでのハンドファーストの度合い
  9. オフセンターヒットを考える

    2020.10.20

    オフセンターヒットを考える

    ヘッドの重心位置でボールをヒットした場合、少なからずヘッドにブレを感じます。トウ側に当たれ…

    オフセンターヒットを考える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP