今回は定期的にいらしていただいているお客様の例をお話しします。

今回ショートパットでスライスラインをアマラインに外してしまっているという内容でした。

ストロークの軌道を調べてみると3mのパットと1mのパットで、フォーローサイドのローテーションの度合いが変わっていて、真っ直ぐに打ち出そうという意識が強く出ている状況でした。

ただそこにはもう一つ問題があって、それはボールに引いたラインの問題でした。

ショートパットでのラインの役割は、その方も自分もラインがきれいに真っ直ぐ転がるようなイメージを持つことでした。

ただ今回の問題はそのラインに対して真っ直ぐ出そうとするあまり、どこを狙おうという意識が薄れてしまい、プッシュの動きになっている感じでした。

ラインを使わず普通に右カップ縁、左カップ縁を狙ってみると、あら不思議…普通に良い感じに打ち出せます。

それにもう一つラインがきっちりその方向に向いていないことがあって、その向いていない方向に合わせてしまっているので最初から外れる方向に打っている感じもありました。

色々人によってパターンが異なるということを感じたパッティングカウンセリングでした。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 今年も一年ありがとうございました

    2018.12.28

    今年も一年ありがとうございました

    2018年の更新は今日で最後となります。今日はご挨拶のみとなります。パターやパッティングに関…

    今年も一年ありがとうございました
  2. ボールの赤道より上はダメ

    2019.10.4

    ボールの赤道より上はダメ

    だれかが「ボールの赤道より上をリーディングエッジで打つ」なんて言う表現をするから、本当にそう打って…

    ボールの赤道より上はダメ
  3. 自分のスタイルを変えたくない

    2020.05.20

    自分のスタイルを変えたくない

    パッティングに関する相談を受けたときに、ほとんどの方は今の打ち方を変えても良いと言っていらっしゃい…

    自分のスタイルを変えたくない
  4. 練習は同じ所から何度も打たない

    2020.10.29

    練習は同じ所から何度も打たない

    ラウンドする前の練習グリーンでほとんどの方が2球か3球持って打っていますよね。あれってあん…

    練習は同じ所から何度も打たない
  5. たまに性質の違うパターを使ってみる

    2020.05.27

    たまに性質の違うパターを使ってみる

    ここのところ ANSER型 ばかり使っていますが、たまにマレット型を使ってみたりするとボコボコ入っ…

    たまに性質の違うパターを使ってみる
  6. できあがった実験用パター

    2019.04.8

    できあがった実験用パター

    実験用のパターができあがりました。使うパーツとしては、ヘッドが「Scotty Camero…

    できあがった実験用パター
  7. ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    2018.10.16

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    私の場合ストローク軌道が悪い状態になるとインに引きすぎてしまいます。インに引いて主に起こるのはプッシ…

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法
  8. Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE-T

    2019.12.4

    Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE…

    今日はちょっとお客さんに見せてもらった Scotty Cameron のツアーパターをお見せします…

    Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE-T
  9. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP