パッティングではアドレスしたら何か一つに集中して打てることが理想です。

いくつも考えながらやると動けなくなったり時間をかけすぎてしまうことにつながります。

この時にいくつか考えている中で相反する内容が入っているとイップスになったりするようです。

「入れたいけどオーバーさせたくない」とか、「テークバックでインサイドにひかないけどローテーションはしたい」なんていうのはそういう相反する内容になりますね。

ですので、Putting Labo. のパッティングカウンセリングはなるべくシンプルな内容でそれをやることによって何ヵ所か自然に解決できるという方法を考えます。

私も最近ストローク軌道やフェースの向きを気にし過ぎて動きがスムーズなストロークができなくなっていました。

そこで狙った方向に真っすぐ打ち出すということに集中できるようにボールにラインを引きました。

ショートパットだけですが、これをすることによってストロークのことを考えすぎなくなりました。結果も結構良いようです。

色々考えすぎてしまう方はなるべくシンプルに気にするところを一つにしてみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    2018.08.3

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    グリーン上で気をつけていることは結構あります。ちょっと挙げてみると...ピッチマークの補修…

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修
  2. 前足に体重が行き過ぎていませんか?

    2020.04.10

    前足に体重が行き過ぎていませんか?

    最近何人かの方に同じ症状が見えたのでお話ししておきます。どちらの方も右利きだったのですが…

    前足に体重が行き過ぎていませんか?
  3. 「打つ」のではなく「運ぶ」意識

    2020.05.13

    「打つ」のではなく「運ぶ」意識

    少し前にも書いたかもしれませんが、改めてこの言葉がわかりやすかったので書いておきます。パッ…

    「打つ」のではなく「運ぶ」意識
  4. 自宅でのパター練習で気をつけること

    2018.09.4

    自宅でのパター練習で気をつけること

    自宅でパター練習をしているという方は結構いらっしゃいますが、どんな練習をしているか聞いてみると、意外…

    自宅でのパター練習で気をつけること
  5. フェースの下に当てるだけではない

    2019.02.22

    フェースの下に当てるだけではない

    転がりの良いパッティングをするためには、いろいろな条件があります。フェースの下で当てることはある…

    フェースの下に当てるだけではない
  6. ショットの縮図のパッティング

    2019.03.20

    ショットの縮図のパッティング

    パッティングストロークの分析での最初の打ちながらのヒアリングで、ショットについてのことを聞くことが…

    ショットの縮図のパッティング
  7. テークバックの始動

    2019.03.8

    テークバックの始動

    テークバックのきっかけはどうしているのか聞かれることがよくあります。パッティングストロークは…

    テークバックの始動
  8. 高麗グリーンで気をつけること

    2018.12.10

    高麗グリーンで気をつけること

    先日久しぶりに高麗グリーンでプレーしてきました。高麗グリーンはベントグリーンと違いパッティン…

    高麗グリーンで気をつけること
  9. 旗を抜かずにプレーして

    2019.04.24

    旗を抜かずにプレーして

    みなさんは旗をさしたままプレーしてみましたか?それほど強い感じではなく旗竿に触れれば、確か…

    旗を抜かずにプレーして

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP