実際にパッティングをする前にできることがたくさんあります。

限られた自分の時間の中でいかにたくさんの情報を集められるか?がパットの成功の確率を上げます。

グリーン手前からは全体的なグリーンの傾斜を見る事ができます。自分が最初に打つのでなければ同伴プレーヤーが打ったボールの転がりや曲がり幅を見る事ができます。

自分とラインが違ってもある程度の参考にはなるものです。そして限られた時間の中でグリーン上を動き、色々な角度から傾斜を見ます。

下から見たときにはフックライン、上から見たときはスライスラインになっていれば間違いないわけです。

下からしか見ていないと目に入る傾斜に錯覚を起こされている可能性がありますので注意が必要です。

もちろん自分が短い距離のアプローチをしているなら、カップに向かうボールの動きや、カップを過ぎてからのボールの動きを、注意深く最後まで見ていることも必要です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 修正が難しいパターンに遭遇

    2019.09.4

    修正が難しいパターンに遭遇

    先日ストローク分析に来ていただいた方で、その方がしたいと思うストロークにするためのイメージづくりが…

    修正が難しいパターンに遭遇
  2. SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    2018.12.26

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    今回は一番簡単な打点についてチェックしてみました。SAM PuttLab(SPL) …

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」
  3. PING型はカッコイイんだけど…

    2018.11.21

    PING型はカッコイイんだけど…

    パッティングストロークの分析にいらっしゃる方で結構多い話が、PING型はカッコイイんだけど...って…

    PING型はカッコイイんだけど…
  4. 調整を断られたパターの持込がたくさん

    2020.03.2

    調整を断られたパターの持込がたくさん

    最近パターの調整だけにいらっしゃる方も増えてきました。以前は高額のパターや、大型マレット…

    調整を断られたパターの持込がたくさん
  5. 久しぶりに実家に行って…

    2020.05.19

    久しぶりに実家に行って…

    息抜き程度のつまらない話ですがおつきあいください。普通の人は何本も、あるいは何十本も、間違…

    久しぶりに実家に行って…
  6. サイトラインの場所が重心のパター

    2020.08.6

    サイトラインの場所が重心のパター

    サイトラインは本来方向を確認するだけでなく、そこで打つイメージで打っている方が多いと思います。…

    サイトラインの場所が重心のパター
  7. アドレス時にヘッドを浮かせる

    2020.03.6

    アドレス時にヘッドを浮かせる

    アドレスの時にヘッドを地面から浮かせている人が結構います。その理由はこんな感じです。テー…

    アドレス時にヘッドを浮かせる
  8. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  9. ストローク中に右膝を動かさない

    2019.04.1

    ストローク中に右膝を動かさない

    パターの調子が悪くなってくると、この右膝の動きを注意しています。パッティングストローク分析…

    ストローク中に右膝を動かさない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP