今日から何回かに分けてCAPTO をアウトドアに持っていってショートパットのデータを取ったときの実験をレポートします。

約1mのショートパットで、ラインによって打ち方が変わっているかどうかをデータで確認しようというものです。

  ストレートラインの1m
  軽いフックの1m
  軽いスライスの1m

これらのパットをできれば20球くらい打ってデータに有意差が出るかどうかをみてみます。

曲がるラインでも打ち出す方向が決まったらその方向にまっすぐにいつも通り打ち出すのが理想だと思っていますので、それができているかどうかの確認です。

これができていなくて何か傾向が出ていれば、どんなラインの時にどういう意識でやればいいかがわかって来ると思います。

これも自分を知るというゴルフで一番重要だと思っていることの自分自身のチェックです。

これがうまくいけばパッティングカウンセリングやストローク分析にいらした方により的確なアドバイスができると思っています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  2. フォローを必要以上に出さないために その2

    2020.01.23

    フォローを必要以上に出さないために その2

    今回も昨日に続いてフォローを必要以上に出さないための方法を...。今日のやり方の方が効き目がある…

    フォローを必要以上に出さないために その2
  3. ちょっと足の位置を変えるだけで

    2020.02.4

    ちょっと足の位置を変えるだけで

    先日ストローク分析をした方で、すごく簡単なことで色々な部分が改善できた人がいました。それ…

    ちょっと足の位置を変えるだけで
  4. ヘッドはどう動かす?

    2020.03.26

    ヘッドはどう動かす?

    パッティングストロークにはなるべく色々なところの動きを抑えて体で動くやり方と、ヘッドの動きを完全…

    ヘッドはどう動かす?
  5. 考えすぎないために

    2020.10.12

    考えすぎないために

    パッティングではアドレスしたら何か一つに集中して打てることが理想です。いくつも考えながらや…

    考えすぎないために
  6. 下りのパットは思ったより曲がらない

    2019.07.29

    下りのパットは思ったより曲がらない

    ご存知の方も多いかと思いますが、知らない方もいらっしゃると思いますので書いておきます。ファ…

    下りのパットは思ったより曲がらない
  7. Too much(やりすぎ) はダメ

    2018.10.4

    Too much(やりすぎ) はダメ

    Too much(やりすぎ) はゴルフには禁物です。ゴルフでのやりすぎにはいろいろなものがあ…

    Too much(やりすぎ) はダメ
  8. ストロークが変わるきっかけ

    2020.03.19

    ストロークが変わるきっかけ

    今までよかったのに急に今までのことができなくなることってたまにあります。身近に自分の良い…

    ストロークが変わるきっかけ
  9. フォローを真っ直ぐに出す?

    2019.03.14

    フォローを真っ直ぐに出す?

    フォローを出していくイメージをヘッドを真っ直ぐに出すイメージという方が結構いらっしゃいます。…

    フォローを真っ直ぐに出す?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP