長尺パターネタが続きますが、おつきあいください。

長尺パターのグリップを入れるのはちょっと神経を使います。今回手に入れた muziik さんのグリップはセパレートタイプなので、普通のワンピースのグリップのような入れ方ができません。

まずは下の方に入れる長い方のグリップの長さを計測し、その位置を決めます。

それに合わせて両面テープを張るのですが、下の方はステップがあって細くなってしまっているので、少し下巻を増やして太さを調整します。

前回のグリップの時はこの長い方のグリップを入れる場所が上過ぎてしまったので、今回は実際に握るところがこのグリップの真ん中くらいになるように下目に入れることにしました。

これが下巻が終わった後の状態。そして次はその上に下のグリップを入れるだけのために両面テープを巻きます(ここはいれたら外すので楯に適当に巻いています)。

そして入れるグリップの片側に蓋をして、たっぷりグリップ交換液を入れて両面テープにかけて入れます。

下の部分が目的の位置まで行ったらあとは方向を微調整します。

そして入れるためだけに使った両面テープをはがして、小さいパーツの方を通常通り入れて完成です。

これってグリップ交換液をたっぷり使えばなんてことないのですが、ショップで打っているグリップ交換のためのスプレーとかでやると大変でしょうね。次回は色入れをします。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    2018.07.23

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます…

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる
  2. スタンスを決めるときに意識すること

    2018.10.19

    スタンスを決めるときに意識すること

    何気なくとっているスタンスですが、ショットの時同様体重のかかり方が結構重要です。パッティング…

    スタンスを決めるときに意識すること
  3. 入らないことはミスではないことも

    2020.03.4

    入らないことはミスではないことも

    パッティングは他のショットと違うところがあります。それは穴に入れるという明確な目的があることです…

    入らないことはミスではないことも
  4. アウトサイドからはダウンブロー

    2019.06.10

    アウトサイドからはダウンブロー

    ちょっとストローク軌道の話をします。ストロークやスイングの軌道には縦方向と横方向の軌道があります。…

    アウトサイドからはダウンブロー
  5. パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    2019.05.22

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    いつもお勧めしているパッティングストローク分析ですが、5月いっぱいに限ってパッティングラボを見たと…

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?
  6. 自分がやろうとしていることとやっていること

    2018.08.9

    自分がやろうとしていることとやっていること

    私のフィッティングやストローク分析ではよく言っているのですが、データを見てもらうことの意味は「自分が…

    自分がやろうとしていることとやっていること
  7. 長尺パター復活2 完成

    2020.07.10

    長尺パター復活2 完成

    今日で長尺シリーズは終わりになります。今日は色入れをしました。色々な悩んだ挙句色はグレーの…

    長尺パター復活2 完成
  8. アドレス時にヘッドを浮かせる

    2020.03.6

    アドレス時にヘッドを浮かせる

    アドレスの時にヘッドを地面から浮かせている人が結構います。その理由はこんな感じです。テー…

    アドレス時にヘッドを浮かせる
  9. 綺麗なストロークが入るわけではない

    2019.07.11

    綺麗なストロークが入るわけではない

    パッティングストロークン分析をしてみると、ほとんどの方が自分の理想とはかけ離れていてがっかりしてい…

    綺麗なストロークが入るわけではない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP