パッティングで転がりの良い球を打つための条件は3つあると考えています。

それを同時にできると最後まで伸びのある良い転がりを得ることができます。

まず一つ目は「ハンドファーストを保ったままインパクト」することなのですが、フォワードプレスをしたり、ハンドファーストで構えたりして、その角度をキープした状態でインパクトをむかえたいです。

これによりロフトが立った状態でインパクトができます。

二つ目は「アッパー軌道で当たる」ことです。アッパー軌道で当たることで順回転の転がりを得やすくなります。ただし一つ目の条件と同時にできることがよりよい転がりになる結果になります。

そして三つ目は「フェースの真ん中よりも少し下目で当てる」ことです。これと前の二つの条件と同時にできると最高の転がりを得ることができます。

最初は三つ目だけでもできるようにするとずいぶん転がりが変わったと感じられると思いますので、是非やってみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ちょっと足の位置を変えるだけで

    2020.02.4

    ちょっと足の位置を変えるだけで

    先日ストローク分析をした方で、すごく簡単なことで色々な部分が改善できた人がいました。それ…

    ちょっと足の位置を変えるだけで
  2. CAPTO でデータチェック

    2020.04.20

    CAPTO でデータチェック

    自粛で時間がある間に CAPTO で色々な打ち方のデータを取ってみる予定です。今考えている…

    CAPTO でデータチェック
  3. アドレス時のライ角の見え方

    2020.07.1

    アドレス時のライ角の見え方

    パターをアドレスした時に見えている景色の感じ方は人によって異なります。トウが浮かないように…

    アドレス時のライ角の見え方
  4. ストロークを分析するメリット

    2020.01.10

    ストロークを分析するメリット

    パッティングストロークには理想の動きはあると思っています。やはり手の意識を無にして体で動ければ、…

    ストロークを分析するメリット
  5. デシャンボーのストロークを見て

    2020.06.22

    デシャンボーのストロークを見て

    デシャンボーが変身していてびっくりしましたね。肉体改造して人ってあんなにも変われるんだと思いました…

    デシャンボーのストロークを見て
  6. 芝目を意識する

    2019.05.13

    芝目を意識する

    芝目があるゴルフ場で常にやっている方はそれほど違和感がなくなっているのだと思いますが、普段普通のグ…

    芝目を意識する
  7. 実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    2019.04.3

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    「軽いシャフト」に「重いヘッド」と「重いグリップ」の実験で使うシャフトが決まりました。US…

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge
  8. フェースミーリングと打感の関係

    2018.08.2

    フェースミーリングと打感の関係

    よくゴルフクラブは打感がどうと言う話が出てきますね。その中でもパターに関しては好きな打感というのが存…

    フェースミーリングと打感の関係
  9. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2

    2019.05.16

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2

    今日は細かいデータではなく、結果どっち打ち出せたかのデータを見てみました。このデータが一番…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP