先日プレーした宍戸ヒルズは雨降りにもかかわらず 10ft くらいのスピードが出ている感覚がありました。

普段やりなれないスピードなので、雨が降っていなかったら大変だったと思います。

メンバーさんはショートすることが多く、われわれビジターは打ち過ぎが多かったです。

こういうグリーンでやるとボールが思ったより転がるので、結果的に強く打っていることになり、距離感が合っていないパットなので、思ったほど曲がらずに行ってしまうことが結構多かったです。

途中からは打ち過ぎることを想定して少し薄めに打つようにしたら入るようになりましたが、速いグリーンの距離感は難しいです。

ただでさえ難しいのにこれに傾斜があったりするのでさらに複雑になります。

ですのでこういう日はいつも言っているように思った方向に打ち出せて外れても残念がらないようにするのが良いと思います。

入らなかったことを悔んでもしょうがないので、打とうと思った方向に打てた時は良しとしないとどんどん悪い流れに入ってしまうので注意しましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. テークバックで揺れる人は…

    2020.09.25

    テークバックで揺れる人は…

    テークバックが安定しない人が結構いらっしゃいます。そんな方に勧めているのがテークバックの時…

    テークバックで揺れる人は…
  2. ボールが左目の下にあることが絶対か?

    2018.07.11

    ボールが左目の下にあることが絶対か?

    よく左目の下にボールを置くと良いと言われていますが、これに関しては特に根拠はありません。真っ…

    ボールが左目の下にあることが絶対か?
  3. ヘッド形状が変わっても変わらないストローク

    2019.11.14

    ヘッド形状が変わっても変わらないストローク

    パターのヘッド形状は色々ありますが、その違いを表すスペックは重心角です。一般的に重心角が大…

    ヘッド形状が変わっても変わらないストローク
  4. TaylorMade TRUSS パターの調整

    2020.07.2

    TaylorMade TRUSS パターの調整

    先日パターのロフトライ調整にいらしていただいたお客様が翌日にも来ていただきました。今回の調…

    TaylorMade TRUSS パターの調整
  5. プロのように打つことが良いわけではない

    2020.02.14

    プロのように打つことが良いわけではない

    プロのような打ち方を目指して一生懸命練習する人がいますが、なかなかうまくいかないことが多いです。…

    プロのように打つことが良いわけではない
  6. 自分の癖をつかむ

    2019.06.6

    自分の癖をつかむ

    パッティングストロークの分析をしていただいてよくわかるのは自分の癖です。癖はほとんどの場合…

    自分の癖をつかむ
  7. もっと確実なパーパットの為に

    2020.09.29

    もっと確実なパーパットの為に

    ショートパットの精度が悪いんです。せっかく良いアプローチで寄せたのに、短いパットを外してし…

    もっと確実なパーパットの為に
  8. 実験の条件を検討中

    2019.04.5

    実験の条件を検討中

    ヘッドはウェイトが変えられる Scotty Cameron NEWPORT、シャフトは ATTAS…

    実験の条件を検討中
  9. フェースが真っ直ぐに向く感覚

    2018.10.25

    フェースが真っ直ぐに向く感覚

    アドレス時のフェースの向きは絶対に真っ直ぐに向いていなければならないというとそうでもないのですが、や…

    フェースが真っ直ぐに向く感覚

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP