先日プレーした宍戸ヒルズは雨降りにもかかわらず 10ft くらいのスピードが出ている感覚がありました。

普段やりなれないスピードなので、雨が降っていなかったら大変だったと思います。

メンバーさんはショートすることが多く、われわれビジターは打ち過ぎが多かったです。

こういうグリーンでやるとボールが思ったより転がるので、結果的に強く打っていることになり、距離感が合っていないパットなので、思ったほど曲がらずに行ってしまうことが結構多かったです。

途中からは打ち過ぎることを想定して少し薄めに打つようにしたら入るようになりましたが、速いグリーンの距離感は難しいです。

ただでさえ難しいのにこれに傾斜があったりするのでさらに複雑になります。

ですのでこういう日はいつも言っているように思った方向に打ち出せて外れても残念がらないようにするのが良いと思います。

入らなかったことを悔んでもしょうがないので、打とうと思った方向に打てた時は良しとしないとどんどん悪い流れに入ってしまうので注意しましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェースの向きが作るストローク軌道

    2019.10.16

    フェースの向きが作るストローク軌道

    インパクト時のフェースの向きはなかなか直すのが難しい部分です。インパクト時のフェースの向き…

    フェースの向きが作るストローク軌道
  2. ウェイト交換で重心は動くのか?

    2019.02.8

    ウェイト交換で重心は動くのか?

    今回の実験はいったいどのくらいのウェイト配分にしたら Scotty Cameron の NEWPO…

    ウェイト交換で重心は動くのか?
  3. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さとシャフト」

    2018.09.7

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さ…

    少し前までは自分のパターの長さは33インチと決めていたのですが、最近のパターは33.75インチにして…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さとシャフト」
  4. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり
  5. 長い距離が届かない

    2019.07.25

    長い距離が届かない

    先日長い距離がショートしてしまうという方がいらっしゃいました。ミドルパットのストロークは綺…

    長い距離が届かない
  6. 距離感が変わっってしまう要素

    2020.04.1

    距離感が変わっってしまう要素

    パターを変えたら距離感が合わなくなってしまったという話をよく聞きます。この距離感が変わって…

    距離感が変わっってしまう要素
  7. フェース素材の違いによるロフト調整

    2018.09.25

    フェース素材の違いによるロフト調整

    パターのロフト調整をする際に考慮していることがあります。ロフトはボールをつかまえるために必要です。ボ…

    フェース素材の違いによるロフト調整
  8. CAPTO 検証3 グリッププレッシャーの影響

    2020.04.24

    CAPTO 検証3 グリッププレッシャーの影響

    今日は再び戻って CAPTO での実験シリーズです。日頃からグリップはゆるゆるはダメでしっ…

    CAPTO 検証3 グリッププレッシャーの影響
  9. テークバックは手で引かない

    2019.05.24

    テークバックは手で引かない

    パッティングストロークの分析にいらした方の話を聞くと、テークバックをどう引いたらいいかということを…

    テークバックは手で引かない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP