先日パッティングでは運ぶイメージで打つのが良いという話をしました。

その運ぶイメージが出やすいパターはどんなものかを考えてみました。

まず運ぶイメージが出るのはどんな時かを考えてみました。自分の感覚では打感が柔らかいパターほど運ぶイメージは出やすくなります。

打感が硬いとボールをインパクトしてからすぐに離れてしまうイメージがあって、ボールをはじいているイメージになってしまいます。

ですが打感が柔らかいと少しボールがフェースから離れるまでに時間があってその間フェースについている感覚があるので運んでいる感じになります。

これはインサートが柔らかい物で感じやすく、硬い感触のフェース面でもボールが柔らかければ運べる感覚が出ることもあります。

それとロフトが多いほどボールがフェースに乗って運べる感覚になれることもありますので、ハンドファーストが強い方はロフト調整でその間隔が出るようになることがあります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Marius Filmalter 氏の貴重な情報

    2020.04.17

    Marius Filmalter 氏の貴重な情報

    先日発売になった Choice の記事を読んでいて面白いデータが出ていたので紹介しておきます。…

    Marius Filmalter 氏の貴重な情報
  2. アドレス時のライ角の見え方

    2020.07.1

    アドレス時のライ角の見え方

    パターをアドレスした時に見えている景色の感じ方は人によって異なります。トウが浮かないように…

    アドレス時のライ角の見え方
  3. パッティングで大事なこと

    2019.11.8

    パッティングで大事なこと

    パッティングで大事なことを考えてみました。私が思うにパッティングで大事なのは前のミスを引き…

    パッティングで大事なこと
  4. ソールに鉛を貼ってフェースアングルを調整

    2019.02.6

    ソールに鉛を貼ってフェースアングルを調整

    ソールに鉛を貼るときには注意が必要という話しをしました。ということは、貼り方次第で色々な調…

    ソールに鉛を貼ってフェースアングルを調整
  5. 下半身を止められると

    2020.06.23

    下半身を止められると

    今日はパッティングにおいてかなり大事な話をします。パッティングで「下半身を動かさない」はよ…

    下半身を止められると
  6. ボール位置を確認する上での注意点

    2018.10.11

    ボール位置を確認する上での注意点

    自分がボールをどこに置いているかチェックするときに大事なことをお話します。ショットでのボール…

    ボール位置を確認する上での注意点
  7. またもや小さいテークバックの人が

    2020.02.10

    またもや小さいテークバックの人が

    先日ストローク分析をしにいらした方のテークバックがまたもや小さかったです。小さいので距離…

    またもや小さいテークバックの人が
  8. 自信を持って打つということ

    2020.05.21

    自信を持って打つということ

    パターは自信を持って打たなければならないっていう話はよく聞くと思います。この自信を持ってというのは…

    自信を持って打つということ
  9. 柔らかいグリップが合うタイプの人

    2019.05.27

    柔らかいグリップが合うタイプの人

    昨日は柔らかいグリップが合わない人の話をしたので、今日は逆に柔らかいグリップが合う人の話をします。…

    柔らかいグリップが合うタイプの人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP