デシャンボーが変身していてびっくりしましたね。肉体改造して人ってあんなにも変われるんだと思いました。

そのデシャンボーはかなり理論派としても知られています。なので、やっていることを断片的に見たら正しいのだと思ってしまいますが、ちょっと気になることがあったので書いておきます。

気になったのはあのパッティングの手首の角度です。普段から手首が下の方に向かって曲がるとうまくヘッドをコントロールできにくいと言ってきました。

ですので、まずはしっかり力が入れられて、ヘッドの位置をコントロールできる角度がどのくらいかを必ずやってみてもらっています。

デシャンボーのあの構えはそのやらない方が良いと思っている手首が伸びた形での構えになってしまっています。

でもそれには理由があります。デシャンボーのパターは中尺で、グリップエンドを肘の下で固定してグリップしています。

このグリップエンドの位置が肘より上だと、アンカリングのルールに引っかかります。ですが、左腕とパターを一体化できる中尺はストロークをするうえでかなりメリットがあります。

この握り方をしてみるとわかりますが、手首が伸びないと構えられませんし、グリップエンドが固定されているので、ヘッドのコントロールは十分にできることになります。

ですので、普通の長さであの手首の形はダメっていうことで…。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パターカバーはどうしていますか?

    2019.12.26

    パターカバーはどうしていますか?

    パターに傷がついてがっかりすることって結構ありますよね。それがセルフプレーでは起きないのに…

    パターカバーはどうしていますか?
  2. ショートパットを左に外しやすい

    2019.03.22

    ショートパットを左に外しやすい

    ショートパットを左に外す人は結構多いです。そのミスのよくある原因をお話しします。思い当たる…

    ショートパットを左に外しやすい
  3. パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    2019.01.28

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    ここ何回かのストローク分析で、表題の通りパターがすわる位置に合わせて手首の角度や手首の形を決めてしま…

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ
  4. できあがった実験用パター

    2019.04.8

    できあがった実験用パター

    実験用のパターができあがりました。使うパーツとしては、ヘッドが「Scotty Camero…

    できあがった実験用パター
  5. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  6. またイップスに関する話ですが…

    2020.05.18

    またイップスに関する話ですが…

    イップスではない方にはあまり参考にはならないかもしれませんが、知っていることは結構重要です。…

    またイップスに関する話ですが…
  7. ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    2018.10.16

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    私の場合ストローク軌道が悪い状態になるとインに引きすぎてしまいます。インに引いて主に起こるのはプッシ…

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法
  8. 練習グリーンでの動画を撮ってみて

    2019.04.26

    練習グリーンでの動画を撮ってみて

    久しぶりに自分のパッティング練習の様子を動画で撮ってみました。お客さんのストロークはかなり…

    練習グリーンでの動画を撮ってみて
  9. 距離感が変わっってしまう要素

    2020.04.1

    距離感が変わっってしまう要素

    パターを変えたら距離感が合わなくなってしまったという話をよく聞きます。この距離感が変わって…

    距離感が変わっってしまう要素

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP