先日ラウンドしたプロが長尺パターを使っていました。

2~3mのパーパットやバーディーパットは全部入っていた感じでしたね。もちろん読みも良いから入るんですけど、ストロークに余計な気を使わなくても良いというのが長尺の良いところです。

アンカリングされていなければもちろんルール適合なので、今でも使っている方は多いです。

ですが、すっかり長尺パターをメーカーが作らなくなってしまったのでなかなか手に入れるのも難しくなってきています。

ODYSSEY が長尺と中尺を同時に発売しているはずなので、それは今でも購入できますね。

ただ昔のはグリップが傷んでしまっているものが多く、グリップが手に入らないことが多いです。最近では muziik さんが発売しましたので、これは手に入ります。

長尺は左手でグリップエンドの位置を固定して、右手の動きは角度を変えず動かすだけ。これで理想的な振り子の動きが実現できるんです。

今も PING、Scotty Cameron、ODYSSEY の長尺パターを持っているので、またちょっと使ってみようかなと思っています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パッティングストローク分析で

    2018.11.6

    パッティングストローク分析で

    最近パッティングストロークの分析をしていて、似たようなパターンの方が何人かいらっしゃったので、その時…

    パッティングストローク分析で
  2. 打感の柔らかいパターのロフト設定

    2019.10.2

    打感の柔らかいパターのロフト設定

    パターの調整をされる方で ODYSSEY のように樹脂の柔らかいインサートが入ったパターを調整され…

    打感の柔らかいパターのロフト設定
  3. 変わったパターを使う時の注意

    2018.06.28

    変わったパターを使う時の注意

    世の中には色々なコンセプトのパターが存在します。Edel トルクバランスパター、ODYSSE…

    変わったパターを使う時の注意
  4. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 4 「グリップ」

    2018.09.11

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 4 「グリ…

    先日ヘッドのスペックが決まり、今日はグリップをどうするかを考えてみます。以前太いグリップが合…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 4 「グリップ」
  5. フェース素材とロフトの関係

    2019.07.5

    フェース素材とロフトの関係

    フェースの素材は打感に大きく影響を与えます。打感が柔らかい物は硬く感じるものに比べてボールがフェー…

    フェース素材とロフトの関係
  6. ボールがつかまりすぎる原因

    2020.01.14

    ボールがつかまりすぎる原因

    どうしても思ったより左に行ってしまうというときに考えるべきことがあります。一つはフェース…

    ボールがつかまりすぎる原因
  7. いざという時に信じられるストローク

    2020.03.17

    いざという時に信じられるストローク

    普段と違うグリーンの状態でやった時に、先日のラウンドのようにすっかり入らなくなっていてはスコアに…

    いざという時に信じられるストローク
  8. ライ角調整をしていると…

    2019.07.31

    ライ角調整をしていると…

    パッティングストロークの分析をして、最適なライ角がみつかりその場で調整ということは結構あります。…

    ライ角調整をしていると…
  9. インパクトでパンチが入る人、緩む人

    2018.08.27

    インパクトでパンチが入る人、緩む人

    パッティングストロークをシンプルに考えるには、インパクトで急激な加速や減速はしたくありません。…

    インパクトでパンチが入る人、緩む人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP