パターをすわらせるといってもどんなことかよくわからないかもしれませんね。パターはすわりがいいとかすわりが悪いという表現がされることがあります。

一般的にパターのソール面には角度があって、その角度が実際に芝の上に置いたときのすわりに大きく影響します。

ソール面を角度無しで作ってしまうとフェースがかぶったような感じに感じることがあります。これはブレード型のパターで顕著です。

大型マレットはそれほどでもありませんが、かといって角度がなくても良いということではありません。それはなぜかというとフォロースルーでヘッド後方が地面に摺ってしまいます。

ですのでマレットタイプでもソールアングルはあります。前置きが長くなりましたが、パターのすわりをチェックする方法についてです。

ソール面のなるべく多い面積が硬いところに接するように上から押さえてみてください。

そうするとフェースを真っ直ぐに向けたときにシャフトが垂直になるか少し右に傾くのがすわりが良いパターになります。

もちろん特殊な構え方をする人にとってはそうでない場合もありますが、一般的には垂直化右に傾くのが構えやすいパターです。

シャフトが左に傾いてしまう場合は調整すると構えやすくなります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 計測機器は使い方次第では逆効果も

    2019.09.9

    計測機器は使い方次第では逆効果も

    計測機器は使い方次第で問題を複雑にしてしまうこともあります。理想のストロークをさせるためだ…

    計測機器は使い方次第では逆効果も
  2. 自信を持って打つということ

    2020.05.21

    自信を持って打つということ

    パターは自信を持って打たなければならないっていう話はよく聞くと思います。この自信を持ってというのは…

    自信を持って打つということ
  3. フェースの下で当てる練習

    2018.12.3

    フェースの下で当てる練習

    今日はフェースの下で当てる練習の仕方を紹介します。用意するものは割りばしと両面テープ…

    フェースの下で当てる練習
  4. プロでもある意識し過ぎ

    2018.10.29

    プロでもある意識し過ぎ

    先日スタジオに来たプロのパッティングストロークの分析をしながら色々なことがわかりました。まず…

    プロでもある意識し過ぎ
  5. 綺麗なストロークが入るわけではない

    2019.07.11

    綺麗なストロークが入るわけではない

    パッティングストロークン分析をしてみると、ほとんどの方が自分の理想とはかけ離れていてがっかりしてい…

    綺麗なストロークが入るわけではない
  6. 無意識のパッティング その2

    2020.04.14

    無意識のパッティング その2

    今日も外出自粛中に読んだ「無意識のパッティング」の話。こんなフレーズがありました。パッティ…

    無意識のパッティング その2
  7. アドレス時の前後の体重のかけ方

    2018.08.15

    アドレス時の前後の体重のかけ方

    アドレスしている時の重心がどこにあるか意識したことはありますか?これはつま先よりになり過ぎてもだめで…

    アドレス時の前後の体重のかけ方
  8. ロフト調整で変わる打音

    2019.05.30

    ロフト調整で変わる打音

    インパクト時のハンドファーストもしくはハンドレイトの度合いによってインパクトロフトが変わります。…

    ロフト調整で変わる打音
  9. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2019.07.22

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よく自分のストロークをこう表現する方がいらっしゃいます。イメージとしてはフェースの向きが変…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP