以前からグリップはしっかり握った方が良いという話をしていますが、その理由は手首の角度の固定と、グリップを握る力は連動しているからです。

グリップを緩く握って手首の角度を変えないのは難しいですし、逆にグリップを強く握って手首をゆるゆるにすることもできません。

このように「グリップを握る力加減=手首が固定できる度合い」になると思っています。

手首の角度をキープしながら、安定した軌道やフェースの向きをコントロールするにはしっかり握ることが条件になります。

グリップを握る右手左手の角度はあまりこうじゃなければいけないというものはありませんが、力が入りやすいのは右利きで普通のグリップの持ち方なら、右手はあまりウィークじゃない方がしっかり握れます。

これは人それぞれやりやすい場所がありますので、自分で色々な方向で試してみてください。そこで見つけた力を入れやすい場所が最適なグリップの握り方です。

手の平で握る、指先で握る、長く握る、短く握るなどやり方は色々です。とにかく角度を固定しやすいやり方を見つけることがストロークの安定につながります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. テークバックの始動

    2019.03.8

    テークバックの始動

    テークバックのきっかけはどうしているのか聞かれることがよくあります。パッティングストロークは…

    テークバックの始動
  2. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2019.07.22

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よく自分のストロークをこう表現する方がいらっしゃいます。イメージとしてはフェースの向きが変…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  3. できあがった実験用パター

    2019.04.8

    できあがった実験用パター

    実験用のパターができあがりました。使うパーツとしては、ヘッドが「Scotty Camero…

    できあがった実験用パター
  4. 膝の位置を動かさないで素振り

    2020.05.14

    膝の位置を動かさないで素振り

    先日ちょっと動画を撮ってみました。もしかしたら違うところで見る機会がある人もいるかもしれませんが、…

    膝の位置を動かさないで素振り
  5. パッティングストロークのリズム

    2019.07.19

    パッティングストロークのリズム

    ショットでもパッティングでもリズムの話が出てきます。私もリズムという話をすることが結構あり…

    パッティングストロークのリズム
  6. 自宅での効果的な練習 その1

    2019.01.17

    自宅での効果的な練習 その1

    自宅でパッティングも練習を効果的にする方法の一つ目です。自宅にパターマットがあるという方は結…

    自宅での効果的な練習 その1
  7. Scotty Cameron のパターをお色直し

    2018.09.12

    Scotty Cameron のパターをお色直し

    今日は Rocker Sole Remake のお話しは一回お休み...。先日少し開いてグリップが入…

    Scotty Cameron のパターをお色直し
  8. 重いヘッドが本当にいいのか?

    2019.07.4

    重いヘッドが本当にいいのか?

    最近はヘッド重量が360gオーバーというパターが増えてきました。最初はマレットタイプだけだ…

    重いヘッドが本当にいいのか?
  9. 意外とヘッドアップしてた

    2019.06.7

    意外とヘッドアップしてた

    最近スマホのカメラの機能が良くなっていますね。ビデオの機能もスローモーションができたりして…

    意外とヘッドアップしてた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP