少し前にも書いたかもしれませんが、改めてこの言葉がわかりやすかったので書いておきます。

パッティングって自分のイメージの中でも「打ってる」感覚があります。「打つ」というとボールとのコンタクトが一瞬というイメージになりますよね。

確かこの話は今発売中の “Choice” に出ていた内容だと思います(もしかしたら「無意識のパッティング」)。ボールは「打つのではなく運ぶ」という意識でやるべきという話が出ていました。

その時の例え話として出ていたのが、レモンをテーブルの上に置いて、それを転がそうと思ったら、レモンの上に手を置いて真っすぐ転がりそうな場所で手を動かすことで転がします。

この動作は知識が無くてもほとんどの人ができるやり方です。ラグビーボールのような形の物はそれを横から打ってしまうと真っ直ぐに転がるイメージにはなりませんよね。

でもこのやり方なら真っ直ぐに転がせそうな気がします。これが「打つ」ではなく「転がす」のイメージです。

瞬間的に転がす方向を「打つ」という動作で決めるのではなく、ボールをフェースに乗せながら「運ぶ」意識で打った方が良いというイメージの話です。

実際にはボールと接触している時間はそれほど変わらないかもしれませんが、ローテーションのスピードは変わってくるような気がします。

ただこれをやり過ぎるとプッシュアウトになってしまうことも頭の片隅に記憶しておかなければなりません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ボールがつかまりすぎる原因

    2020.01.14

    ボールがつかまりすぎる原因

    どうしても思ったより左に行ってしまうというときに考えるべきことがあります。一つはフェース…

    ボールがつかまりすぎる原因
  2. パターの芯で打つことのメリット

    2019.10.21

    パターの芯で打つことのメリット

    パターの芯(重心位置)で打つとたくさんの良いことがあります。1.転がりが良い 2.左右にぶ…

    パターの芯で打つことのメリット
  3. 打感とボールの硬さ/柔らかさ

    2019.03.15

    打感とボールの硬さ/柔らかさ

    パッティングで打感という話が結構出てきます。少し前までは柔らかい打感が良くて硬い打感はダメ…

    打感とボールの硬さ/柔らかさ
  4. パターヘッドの目印色々

    2020.08.5

    パターヘッドの目印色々

    パターヘッドには色々な目印があります。私のように目印はあまり入れたくないタイプの人もいれば…

    パターヘッドの目印色々
  5. ロフト調整で変わるインパクト音

    2019.01.31

    ロフト調整で変わるインパクト音

    パッティングストローク分析をして最適なロフトに調整する方が30%くらいの確率でいらっしゃいます。…

    ロフト調整で変わるインパクト音
  6. パッティング練習グッズ 「Pro Putt」

    2018.10.15

    パッティング練習グッズ 「Pro Putt」

    「Pro Putt」 という練習グッズをご存知でしょうか?これ簡単な練習グッズですが、かなり効果がす…

    パッティング練習グッズ 「Pro Putt」
  7. 小学5年生のストロークは…

    2020.02.17

    小学5年生のストロークは…

    先日小学校5年生の男の子がパッティングストロークの分析に来てくれました。そこで大人とは違うな~と…

    小学5年生のストロークは…
  8. 自分を知ることでミスを防ぐ

    2020.01.9

    自分を知ることでミスを防ぐ

    ラウンド中に出るミスの多くは一定の法則があったりすることが多いです。それを知っていることで回避で…

    自分を知ることでミスを防ぐ
  9. パッティングで大事なことは…

    2019.09.30

    パッティングで大事なことは…

    最近ラウンドしていてパッティングに大事なことは「決めること」だなとつくづく思っています。決…

    パッティングで大事なことは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP