少し前にも書いたかもしれませんが、改めてこの言葉がわかりやすかったので書いておきます。

パッティングって自分のイメージの中でも「打ってる」感覚があります。「打つ」というとボールとのコンタクトが一瞬というイメージになりますよね。

確かこの話は今発売中の “Choice” に出ていた内容だと思います(もしかしたら「無意識のパッティング」)。ボールは「打つのではなく運ぶ」という意識でやるべきという話が出ていました。

その時の例え話として出ていたのが、レモンをテーブルの上に置いて、それを転がそうと思ったら、レモンの上に手を置いて真っすぐ転がりそうな場所で手を動かすことで転がします。

この動作は知識が無くてもほとんどの人ができるやり方です。ラグビーボールのような形の物はそれを横から打ってしまうと真っ直ぐに転がるイメージにはなりませんよね。

でもこのやり方なら真っ直ぐに転がせそうな気がします。これが「打つ」ではなく「転がす」のイメージです。

瞬間的に転がす方向を「打つ」という動作で決めるのではなく、ボールをフェースに乗せながら「運ぶ」意識で打った方が良いというイメージの話です。

実際にはボールと接触している時間はそれほど変わらないかもしれませんが、ローテーションのスピードは変わってくるような気がします。

ただこれをやり過ぎるとプッシュアウトになってしまうことも頭の片隅に記憶しておかなければなりません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェースが真っ直ぐに向く感覚

    2018.10.25

    フェースが真っ直ぐに向く感覚

    アドレス時のフェースの向きは絶対に真っ直ぐに向いていなければならないというとそうでもないのですが、や…

    フェースが真っ直ぐに向く感覚
  2. こんなになる前に交換!

    2019.09.17

    こんなになる前に交換!

    先日のラウンドでは新しいシャフトを入れたパターを持って帰るのを忘れてしまい、家にあるパターをとりあ…

    こんなになる前に交換!
  3. パターのバランスは参考値

    2020.01.6

    パターのバランスは参考値

    パターもクラブなのでもちろんスイングバランスというものがあります。ただバランスがいくつだ…

    パターのバランスは参考値
  4. 打つ時にあれこれ考えてると…

    2019.08.19

    打つ時にあれこれ考えてると…

    良いストロークをしようと強く思っている人ほど、ぎこちないストロークになってしまうことがあります。…

    打つ時にあれこれ考えてると…
  5. 障害物を置いて練習

    2019.01.25

    障害物を置いて練習

    自分がどんな軌道でストロークをしているのか?パッティングストローク分析をするとそれが手に取る…

    障害物を置いて練習
  6. グリップの向きがおかしいと

    2019.01.30

    グリップの向きがおかしいと

    グリップ交換を自分でされる方がたまにいらっしゃいます。そう言う方は普通のクラブであればバックライン…

    グリップの向きがおかしいと
  7. 素振り通りに打てない

    2020.04.3

    素振り通りに打てない

    ストローク分析をしていると、素振りは綺麗に振れるのにいざボールを打つとなるとすっかり変わってしま…

    素振り通りに打てない
  8. フェースの向き/ストローク軌道のつじつまを合わせる

    2019.09.26

    フェースの向き/ストローク軌道のつじつまを合わせる

    ボールが飛び出す方向(打ち出し方向)は、インパクト時のフェースの向きとその時のストローク軌道で決ま…

    フェースの向き/ストローク軌道のつじつまを合わせる
  9. パターマットを広げて

    2020.05.22

    パターマットを広げて

    久しぶりに部屋で練習しました。家で練習するなら常にパターマットは出てないとダメですね。なか…

    パターマットを広げて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP