先日読んだ本に出ていたことです。イップスはどんな時に起こりやすいか?がその本には書かれていました。

その本によるとイップスは “クローズドスキル” の時に起こりやすいとのことでした。”クローズドスキル” というと何ともわかりにくいのですが、これは運動の動き出しが相手ではなく自分にあるのがクローズドスキルというとのことです。

例えばキャッチボールで相手のボールをキャッチするのはクローズドではなく、そのキャッチしたボールを投げるのがクローズドスキルになります。

止まった状態から自分が能動的に動き始めるときに起こりやすいのがイップスです。

こうやって考えてみるとゴルフはほとんどがクローズドスキルですね。何しろ来たものを打つのではなく、置いてある止まったボールを打ちますので…。

そう思うとゴルフはパッティングにかかわらずイップスになりやすい環境がそろってしまっているスポーツということになります。

静止した状態から動き出す…それもパッティングはゆっくりで小さな動きなので、考える時間もたっぷりありますし、求める結果も一番厳しいのでそういう状況になりやすいのは確かですね。

我々はとても難しい環境で色々な動作をしていて、ひとたびそれが狂い始めるとどんどん深みにはまって行ってしまいます。

ですのでそうならないうちに原因を突き止め、その状況を解消することがイップスにならない唯一の方法です。

そのためにも、パッティングラボの「パッティングカウンセリング」を受けていたければと思います。情報が多すぎて整理できていない方が多すぎます。

何が自分には必要な情報で、何が自分に必要ない情報か…それを整理いたします。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パター練習グッズ「PUTTMON」で練習

    2019.12.3

    パター練習グッズ「PUTTMON」で練習

    レポートする場所があちこちになってしまいましたが、先日 ANSERFREAK の方でレポートした「…

    パター練習グッズ「PUTTMON」で練習
  2. フェースがブレないエースパター

    2020.06.16

    フェースがブレないエースパター

    先日の久しぶりのラウンドではエースの HILLCREST TRUECoG CUPRUM を使いまし…

    フェースがブレないエースパター
  3. パッティングでのふところ

    2018.08.17

    パッティングでのふところ

    アドレスの時にボールの距離があっていない人が結構いらっしゃいます。今回はこのボールとの距離についてお…

    パッティングでのふところ
  4. パターのバランスは参考値

    2020.01.6

    パターのバランスは参考値

    パターもクラブなのでもちろんスイングバランスというものがあります。ただバランスがいくつだ…

    パターのバランスは参考値
  5. 下半身を止められると

    2020.06.23

    下半身を止められると

    今日はパッティングにおいてかなり大事な話をします。パッティングで「下半身を動かさない」はよ…

    下半身を止められると
  6. パターの形状とローテーション

    2019.11.29

    パターの形状とローテーション

    パターの形状とローテーションの度合いを絡めて話されることが多いですが、これは正しいショルダーストロ…

    パターの形状とローテーション
  7. パット=ショットの縮図

    2020.08.3

    パット=ショットの縮図

    パッティングストロークがショットで取り組んでいるイメージに近くなってくるという話はすごくよくありま…

    パット=ショットの縮図
  8. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    2019.05.15

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    ずいぶん間が空いてしまいましたが、先日作ってみた ODYSSEY Stroke Lab 風のパター…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1
  9. パターカバーはどうしていますか?

    2019.12.26

    パターカバーはどうしていますか?

    パターに傷がついてがっかりすることって結構ありますよね。それがセルフプレーでは起きないのに…

    パターカバーはどうしていますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP